訪問看護認定看護師 小栗真由美

nintei_oguri-mayumi_20150107

私は、2008年に病棟勤務から地域医療連携センターに配属となり、退院支援看護師として活動しています。
当院は、高度急性期病院を目指しています。高度急性期病院を目指して病院の機能分化を進めるためには、重症患者の受け入れを増やし、さらに平均在院日数の短縮を進めることが課題となってきます。そのため、高度急性期病院における退院支援の役割はさらに重要となり、入院時から介入することで早期退院につなげることが不可欠となってきます。切れ目のない医療を地域全体で提供することが重要となり、患者さん、ご家族が療養生活を継続できるよう、短い中でも効率的で個別に配慮した退院支援、退院調整が求められます。

訪問看護認定看護師の役割は、在宅療養者の生体性を尊重したセルフケア支援、ケースマネージメント、看護技術の提供と指導、管理等があります。そこで、訪問看護分野に期待されることとして、「住まい・医療・介護・予防・生活支援を一体的に提供することを目的とした地域包括ケアシステム構築に中心的な役割を果たし、医療と介護の連携の推進を図ることができる」「より質の高い医療を推進するため、多職種と共同しチームの一員として役割を果たすことができる」などの役割があります。今、地域完結型医療、地域包括ケアの充実が求められる中、病院と地域の結びつきを強化していくことが重要です。その中で私は、住み慣れた自宅・地域で患者さん、ご家族が安心して療養できるようなサポートをしていきたいという思いで仕事をし、役割モデルとして活動していくことができたらと思います。
私たちは、患者さん、ご家族が安心して自宅に戻れるよう、多職種参加で退院前カンファレンスを行ったり、院内のみにとどまらず、退院前に自宅訪問を行い、退院前評価も行っております。これからも、住み慣れた自宅・地域での療養生活が継続できるよう支援し続けていきたいと思っています。

看護部ニュース 一覧  看護部 トップ