→「診療トピックス 」Index に戻る
眼瞼下垂症とは※ 画像をクリックすると拡大表示されます。

 眼瞼下垂症とは、「正面を向いたときに、まぶたが垂れ下がり、瞳孔に覆いかぶさった状態」とされています。いつ眼瞼下垂症になったかによって、先天性と後天性に分けられます。先天性眼瞼下垂症は、まぶたを上げる筋肉(上眼瞼挙筋)の発育不全が原因です。大腿筋膜をまぶたに移植して、眉毛を上げる筋肉(前頭筋)の力を使ってまぶたを開けるようにする手術を行います。後天性眼瞼下垂症は、動眼神経麻痺、重症筋無力症、外眼筋ミオパチー、ホルネル症候群などで起こりますが、もっとも多いのが腱膜の異常によって起こる「腱膜性眼瞼下垂症」です。

まぶたを上げる仕組みと腱膜性眼瞼下垂症の原因

 まぶたは、主に上眼瞼挙筋の収縮によって上がります。上眼瞼挙筋は、途中から薄い膜状の腱膜となり、まぶたの先端部分にある瞼板という板状の組織の前面に付着しています。上眼瞼挙筋が収縮すると、腱膜に引っ張られるようにして瞼板が持ち上がり、まぶたが開きます。腱膜の後ろ側にはミュラー筋があり、上眼瞼挙筋と瞼板をつないでいます。ミュラー筋は交感神経の刺激で収縮します。また、まぶたの開き具合を調節するセンサーの役割をしています。
 腱膜が瞼板からはがれ薄く伸びてしまうと、上眼瞼挙筋の収縮は腱膜ではなくミュラー筋を介して瞼板に伝えられるようになります。交感神経を緊張させてミュラー筋を収縮させているとまぶたを開けられますが、食後などに交感神経の緊張が低下すると開けられません。さらに病態が進むとミュラー筋も伸びてしまい、いつもまぶたが垂れ下がるようになります。上眼瞼挙筋が収縮しても瞼板にその動きが伝わらない状態、これが腱膜性眼瞼下垂症です。多くの場合、両方の目に起こりますが、片方の目にだけ起こることもあります。
 腱膜性眼瞼下垂症は、加齢、白内障手術、コンタクトレンズ長期装用が原因で起こります。老人性眼瞼下垂とよばれていたものの大部分は腱膜性眼瞼下垂症に相当します。まぶたを頻繁にこすると腱膜と瞼板のつながりがゆるみやすくなるので、若くても花粉症やアトピー性皮膚炎の人、逆さまつげの人、アイメークをよくする人は腱膜性眼瞼下垂症になりやすい傾向があります。

腱膜性眼瞼下垂症の症状

腱膜性眼瞼下垂症になるとまぶたが上がらないだけでなく様々な自覚症状が現れます。

まぶたが重い
 上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとします。そのため、目の奥が痛んだり、まぶたが重く感じられます。午後になると、目を開けているのに疲れてきます。

頭痛・肩こり
 ミュラー筋が上眼瞼挙筋に強く引っ張られると、眉毛を上げる筋肉(前頭筋)が収縮します。前頭筋が収縮するとあごを上げる筋肉(僧帽筋)も収縮します。正面を向いているときも、通常は上を見るときにしか収縮しない額やうなじの筋肉がいつも収縮し続けるようになってしまうため、緊張型頭痛や肩こりが起こりやすくなります。

疲れる
 ミュラー筋を収縮させないと目を開けることができません。ミュラー筋を収縮させるためには、交感神経の働きを活発にさせる必要があります。目を開けている時間が長いと、心身の緊張状態が続くので疲れやすくなり不眠症になったりします。

腱膜性眼瞼下垂症の容貌

腱膜性眼瞼下垂症の初期には
眉の位置が上がる
額の皺が深くなる
三白眼(眼球の下の白目が見える)になる
二重の幅が広くなる
目の上がくぼむ
左右で目の大きさが違う
などの外見上の変化が現れます。
 交感神経を緊張させてミュラー筋を収縮させてもまぶたが瞳孔の上まで上がらなくなると、眠そうな顔になります。いつもあごを上げて見るようになるので、写真を撮るとき「あごを引いて」と注意されるようになります。車を運転していて信号を見上げるのがつらくなります。

検査 

 まぶたにおもりをつけた状態で、まぶたが上がるかどうかを調べます。腱膜性眼瞼下垂症の人は、2~3gのおもりをつけるとまぶたが上がりません。
 まぶたが下がっている人に「5%ネオシネジン」を点眼すると、一時的にまぶたが上がることで腱膜性眼瞼下垂症と診断されます。

治療

 腱膜性眼瞼下垂症の治療には「腱膜固定術」という手術を行います。これは信州大学教授の松尾 清先生が考案された術式です。
 局所麻酔の後、上まぶたの余った皮膚を一部を切除します。まぶたを開けるのに抵抗する組織を取り除きます。本来瞼板についていた腱膜は薄くなっているので利用できません。腱膜の一部で目の上の骨につながっている「眼窩隔膜」を切開、反転して、下方に移動させ瞼板に縫合します。二重の線をつくりながら傷を閉じます。
 所用時間は、両まぶたで約1時間です。原則として外来で手術を行っていますが、出血しやすい方(抗血小板剤を内服している方など)は入院が必要になります。
 

術後の経過

 単に二重まぶたを作る手術に比べて複雑な手術ですので、術後の回復には時間がかかります。3日間はまぶたを冷やしていただきます。術後はまぶたが腫れますが、激しい腫れは2~3日でひきます。完全に腫れがなくなるのには約2か月かかります。皮下出血でまぶたの一部が紫色になる場合がありますが、2週間程度で目立たなくなります。
 1~2週間後に抜糸します。傷跡は二重まぶたのひだに隠れます。抜糸後しばらくは赤く硬くなりますが、6か月前後で目立たなくなります。術後数か月間、涙や眼脂が増えたり、視力が変動することがあります。

手術の効果

 手術を行うと楽にまぶたが上がるようになり、視野が広がって物が見やすくなります。ミュラー筋にかかっていた負担がなくなるので、全身がリラックスした状態になり、頭痛・肩こり・慢性疲労・不眠など眼瞼下垂症で起こっていた自律神経症状は改善します。外観も変わります。
目元がぱっちりします。
目の上のくぼみが改善します。
眉毛の位置が下がります。
額の横皺が減ります。
一重まぶたの方は二重になります。
これらは見た目を若返らせる効果があります。

形成外科で行う眼瞼下垂症手術

整容面も重視
 目もとはその方の印象を左右する重要な部分です。したがって腱膜性眼瞼下垂症の治療では、下がったまぶたを上げるだけでは十分ではありません。目の大きさ、まぶたの形、二重の幅などをできるだけ自然な外観に仕上げる必要があります。さらに左右をそろえなければなりません。切開線の位置、皮膚の切除幅、眼窩隔膜に通す糸の位置などをミリ単位で変えることによってこれらを調整します。整容面に配慮することが形成外科医が行う手術の特徴です。

腱膜固定術  
 ミュラー筋はまぶたの開き具合から全身の自律神経を調節する役割を果たしています。眼瞼下垂症の手術方法には「挙筋短縮術」や「ミュラー筋短縮術(タッキング)」があります。これらの方法では、ミュラー筋を切除したり傷つけたりします。自然にまぶたが開くような状態に戻す方法は、ミュラー筋を温存する腱膜固定術だけです。また腱膜固定術はホルネル症候群に伴う眼瞼下垂症の治療にも有効です。
 腱膜固定術は主に信州大学形成外科で手術法を学んだ形成外科医により行われています。当科では2000年から松尾教授に指導を受けた方法で眼瞼下垂症の治療を行っています。

眼瞼下垂症の手術費用

 日常生活に支障をきたしている視野障害を改善する目的で行う治療には健康保険が適用されます。3割負担の方が両まぶたを手術した場合にかかる費用は約50,000円です。
「パッチリした目になりたい」といった美容目的でも腱膜固定術を行います。この場合には健康保険が適用されず、両まぶたの手術費用は200,000円(税別)になります。