当院について

患者さんと医療者のパートナーシップについて

患者さんと私たち医療者とは、病気の治療という一つの目標の達成のために、お互いに平等の立場で人として協力し合うパートナーです。この原則にてらして、私たちは、医療者だけでなく患者さんにも積極的に医療過程(処置)に参加していただき、すべての患者さんの権利と人格を尊重し、安心・安全で心の通う医療の一層の実現を期したいと思っています。 そのために、当院では以下のような「患者さんの権利」と「患者さんへのお願い(役割)」を明示し、より良い「パートナーシップ=対等な協力関係」を築いていきます。

患者さんの権利

1.適切な医療を受ける権利

適切かつ安全で質の高い医療の提供を目指して、私たちは医療の向上に努めます。常に、「人は誰でも間違いを起こす」ことを念頭に置き、個人の問題と組織に潜む構造上の問題の双方を検討し、病院の安全性の向上を図っています。
院内感染対策に関しても、個々の従事者ごとに対策を行うのではなく、医療施設全体として対策を行っています。

2.人権を尊重される権利

医の倫理の問題に対し、患者さんの人権を守る事を第一と考え、全職員は当院で定めた職業倫理・臨床倫理の遵守に努めています。特に、個人の人格が尊重され、年齢、性、信条、宗教、障害の有無にかかわらず、平等に質の高い医療を受ける事ができるように私たちは努めます。

3.プライバシーを保護される権利

外来・入院患者さんのプライバシー保護に努力し、特に外来では患者さんの呼び出しは「番号」で行うなどの配慮をしています。業務上知り得た全ての個人情報は、個人情報保護法および社内規程(日本赤十字社の保有する個人情報保護規程)に則り、「当院における個人情報保護方針および利用目的」を作成し、患者さんの信頼に応えます。また、コンピューターのセキュリティーについても種々の規約に則り慎重を期しています。

4. 医療上の情報、説明を受け、自ら医療行為を選択できる権利

患者さんと医療者が情報を共有するための「クリティカル・パス」を採用・活用しています。これは、医療の内容を評価・改善して、質の高い医療を患者さんに提供することを目的として、入院から退院までの日程計画を示すスケジュール表です。患者さんには検査の予定や治療の内容、リハビリテーションの計画、いつ頃どの様な状態になれば退院することができるかなどを、この一覧表に基づいてご説明します。これにより、患者さんは自分が受ける治療の経過を知り、安心して治療を受けることができます。

当院では、患者さんが受ける医療の情報(検査、処置、手術などの有効性、危険性、他の治療法など)について、カルテの必要な部分をお見せしながら十分に説明します。そして、患者さんが理解し自らの判断で同意をされた上で診療することにしています(インフォームド・コンセント)。なお、セカンドオピニオン(第二の意見・診断)を必要とされる場合、つまり他施設の医師などに診断や治療についての意見をお聞きになりたい場合は、必要な資料と要約書(診療情報提供)をお渡しします。
退院後や、外来通院をやめてから、あるいは通院中でも診療記録(カルテ等)をご覧になりたい場合は、患者さん自身や患者さんから委任されたご家族等に開示いたします。
自分が受けている医療について、わからないことがあれば、遠慮無くお尋ねください。また、当院では、「医療に関する相談窓口」を設けています。
当院の「赤十字インフォメーションセンター」において、インターネットが利用でき、また、各種の医療情報や病院からのお知らせ情報を得ることができます。また、各種の病気や介護方法などの勉強会や研修会を当院で定期的に開催しています。

患者さんへのお願い

医療の主役は患者さん自身です。私たち医療スタッフは皆さんの病気を治すお手伝いをしたいと考えていることをご 理解ください。両者の間の信頼関係の基に協同で進めるパートナーシップが大切です。このため、患者さんへのお願い を提示しました。

1.患者さんご自身の病状や経過に関すること、そしてアレルギー歴や重複あるいは相互作用を防ぐために現在内服中 の薬・サプリメント(栄養補助食品・飲料)などの情報をできるだけ詳しく教えてください。

2.説明は、できれば家族の皆さんと複数で聞いてください。検査や治療、病状についての説明がよく理解できなければ、 十分に納得できるまでお尋ねください。ご自分の病気について、医療者まかせにするのではなく、一緒に考えましょう。

3.一部の疾患では患者さん用のクリティカル・パス(入院診療スケジュール表)をさしあげ、診療の予定や注意事項を 説明いたします。あらかじめ聞いたことと実際の手順などが違った場合には、その旨ご遠慮なくお尋ねください。その 他、安全管理について少しでも疑問を感じられましたら、黙っておかずに積極的に申し出てください。

4. 診察、検査、薬剤や処置を受ける際には、職員と共にご自分のお名前をご確認ください。本人確認のために何度もお 名前を名乗っていただくことがありますが、繰り返しをいとわずにご協力ください。また、氏名を記入した「リストバン ド」を手首に装着してもらうこともあります。

5.感染防止のため病室へ出入りされる場合は、入口に備え付けの消毒薬で手指の消毒をお願いします。

6.転倒・転落の事故防止のため、歩行や立ち上がりに不安のある方は、遠慮なく介助をお申し出ください。

7. ご意見箱を病棟や外来に設置しております。お気づきの点など率直なご意見をお待ちしております。できれば 匿名ではなく具体的な内容をいただければ適切な対応ができ、よりありがたく存じます。

8.医療の安全を確保するための規則や他の患者さんとの共同生活を維持するための約束事をお守りください。例えば、 当院職員に対する暴力的言動(診療が混み合っている際に「いつまで待たせるんや」と怒鳴る)、他の患者さんの迷惑 となる行為(待合で子供を走り回らせる)などの行為は控えてください。

9.私たち医療者を一緒に育てるお気持ちをもってください。 当院は、医師、医学生、看護学生などの研修教育を行って います。厳格な指導の下に研修を実施していますがご理解と協力をお願いいたします。

10.適切な医療を維持していくために、医療費をお支払い頂くことが必要です。医療費の支払いについて心配のある方 はご相談ください。