当院について

眼瞼内反症の治療

眼瞼内反症は、瞼縁が眼球側に向かい、まつげあるいは瞼縁の皮膚が角膜を刺激している状態です。「逆さまつげ」とよばれるものの一部です。眼瞼内反症が原因の涙が多く出る、異物感、目やになどの角膜刺激症状は、手術で改善します。先天性眼瞼内反症と老人性眼瞼内反症では手術方法が異なります。

先天性眼瞼内反症

生まれつきの内反症です。成長につれて改善傾向がありますが、小学校高学年になっても治らず症状が強い場合には手術を考慮します。上まぶたでは切開式重瞼術を行います。(01・02)下まぶたでは過剰な皮膚と眼輪筋を切除し、皮膚・瞼坂・皮膚と縫合して内反を矯正します。(03.04.05)

gankennaihanshou-01

老人性眼瞼内反症

加齢に伴うまぶたの緊張低下および、眼輪筋の収縮が原因です。まつげを抜くと一時的に症状は改善しますが、まつげが生えると再発します。目尻を約1cm切開し、下まぶたの外側端の瞼坂を外方へ引っ張り骨に縫いつけます。(06.07)(08.09)
手術は局所麻酔で行いますので、入院の必要はありません。目立つ傷跡は残りません。

gankennaihanshou-02

→ 「形成外科」はこちら