がん診療推進センター

悪性リンパ種

診療科名:血液・腫瘍内科

集学的治療の実施状況

悪性リンパ腫の診療は、適確な診断、化学療法を主体とする薬物療法、放射線療法、時に手術療法からなりまさに集学的治療である。診断には血液検査、骨髄検査、病理診断、CT、PET-CT等の画像診断、胃内視鏡が必須であり、当院では血液・腫瘍内科、検査部、病理部、放射線科、消化器内科による綿密な連携医療により迅速かつ適正な診断がなされている。また、治療に当たっては、血液内科が中心となり放射線科、外科、耳鼻咽喉科、胸部外科、消化器内科、看護部などとの綿密な連携により化学療法、抗体療法、放射線療法、手術療法、除菌療法などにより集学的に治療して、良好な治療成績を収めている。

準じているガイドライン名 応用治療を実施している場合はその治療内容

標準的治療法が確立している主たるリンパ腫に対しては、「造血器診療ガイドライン」や「National Comprehensive Cancer Network (NCCN) guildeline」に準じた、国際的にも標準的な治療法を実施している。例えば、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫にはrituximab併用のCHOP療法、ホジキンリンパ腫に対してはABVD療法、再発のホジキンリンパ腫や、aggressive非ホジキンリンパ腫に対しては、自家末梢血幹細胞移植を併用した大量化学(放射線)療法を実施している。標準的治療法が存在しない難治性のリンパ腫に対しては、JCOG-LSGの医師主導臨床試験や、新薬の開発治験を患者さんへの詳細な説明と同意を実行した上で、実施している。

治療実績

治療 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度
R-CHOP療法 45 29 52 38
リツキサン単剤療法 18 22 18 16
R-トレアキシン療法 7 12 10 5
自家末梢血幹細胞移植 4 3 4 4