皮膚科

皮膚科のご紹介

皮膚科では、皮膚・皮下に生じた疾患全般を扱っています。皮膚科医師3名で外来通院患者、入院患者を診療しています。接触皮膚炎、虫刺傷、アトピー性皮膚炎などの皮膚炎群、じんましん、多形紅斑、尋常性乾癬などの炎症性角化症、皮膚の細菌・真菌感染症、日光角化症や有棘細胞癌や基底細胞癌などの皮膚悪性腫瘍腫瘍、強皮症やベーチェット病などの膠原病と膠原病類縁疾患、尋常性天疱瘡や水疱性類天疱瘡などの水疱症、熱傷潰瘍などの疾患を診療しています。膠原病など皮膚症状を生じるものの全身性の疾患は、内科と連携して診療を行っています。表面からの肉眼での診察でわかりにくいものは、ダーモスコピーなどの拡大鏡を用いた検査や、皮膚に麻酔をして皮膚を採取する皮膚病理検査、皮膚の真菌感染症や疥癬などの寄生虫などは角質や皮膚表層を採取して顕微鏡で検査することを行っています。尋常性乾癬の治療として生物学的製剤を用いた方法も行っています。重症例や悪性度の高い皮膚癌など集学的治療が必要な疾患に対しては、名古屋市立大学皮膚科と連携をして診療をしています。

医師紹介

顔写真 役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
皮膚科部長
榊原 代幸
平成2年 皮膚科一般 医学博士、日本皮膚科学会専門医
役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
医 師
鳥山 えりか
平成18年 皮膚科一般 日本皮膚科学会専門医、医学博士
医 師
酒井 敦子
平成23年 皮膚科一般

皮膚科をもっと知る

hifukawomottosiru-01