腎臓内科

腎臓内科のご紹介

腎臓内科では、腎臓病総合医療センターの中核として腎臓病の全般に関わる診療を行っています。腎臓病は自覚症状が少なく、健診や他の病気の治療中に見つかることも多い病気です。尿検査や血液検査の異常で発見された腎臓病に対して正確な診断を行い、的確で最高の治療による治癒をめざし、腎不全の進行阻止につなげるように努力して います。腎臓病の正確な診断をするためにできるかぎり腎生検を行い、最も良い治療をすすめ、合併症や副作用を少なくするようにしています。IgA腎症に対する扁桃摘出・パルス療法やネフローゼ症候群に対するステロイドおよび免疫 抑制薬療法、多発性嚢胞腎へのトルバプタン治療も行っています。慢性腎臓病の進行を抑えるために教育入院を中心に保存療法を行い、慢性腎不全には早めに腎代替療法についての説明と選択をはじめています。腎代替療法としては血液透析、腹膜透析、腎移植をオプション提示し、スムーズに治療へ入れるように援助しています。維持透析患者さんの合併症管理にも力を注いでおり、他の専門科とも協力して免疫吸着やLDL吸着療法、血漿交換療法などにも積極的に取り組んでいます。患者さんひとりひとりの腎臓病の状態をしっかりと確認し、よくご説明し、きちんと納得して最適な治療を受けていただけるように心がけて診療にあたっています。

医師紹介

顔写真 役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
第一腎臓内科部長
(兼)
血液浄化療法部長

武田 朝美
昭和59年 腎臓内科、腎病理学、血液浄化療法、腎移植 日本内科学会認定医、日本腎臓学会指導医・専門医、日本透析医学会指導医・専門医、日本臨床腎移植学会認定医、日本移植学会移植認定医
役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
第二腎臓内科副部長
大塚 康洋
平成8年 腎臓内科、血液浄化療法 日本内科学会専門医、日本腎臓学会専門医、日本透析医学会専門医
医 師
新城 響
平成14年 腎臓内科、血液浄化療法 日本内科学会認定医、日本腎臓学会専門医、日本透析医学会専門医、日本医師会認定産業医
医 師
田中 章仁
平成17年 腎臓内科、血液浄化療法 日本内科学会認定医、日本透析医学会専門医、日本腎臓学会専門医、日本アフェレシス学会血漿交換療法専門医、日本旅行医学会認定医、日本感染症学会インフェクションコントロールドクター、日本医師会産業医、医学博士
医 師
村田 実奈子
平成18年 腎臓内科、血液浄化療法 日本内科学会認定医、日本腎臓学会専門医、日本透析医学会専門医
常勤嘱託医師(レジデント)
伊藤 衣里
平成25年 腎臓内科 日本内科学会認定医
常勤嘱託医師(レジデント)
亀谷 直輝
平成25年 腎臓内科 日本内科学会認定医
常勤嘱託医師(レジデント)
渡辺 裕
平成26年 腎臓内科
常勤嘱託医師(留学レジデント)
小池 清美
平成11年 腎臓内科、血液浄化療法 日本内科学会認定医、日本腎臓学会専門医・指導医、日本透析医学会専門医・指導医
常勤嘱託医師(留学レジデント)
下串 浩矢
平成21年 腎臓内科、血液浄化療法 日本内科学会認定医
非常勤医師
両角 國男
昭和48年 腎臓内科、腎病理学、膠原病学、腎移植、血液浄化療法 日本腎臓学会指導医・専門医、日本透析医学会専門医・指導医、日本内科学会指導医・認定医、日本臨床腎移植学会認定医

腎臓内科をもっと知る

jinzounaikawomottosiru-01 jinzounaikawomottosiru-02

特殊医療機器

血液透析(濾過)装置62台、血漿交換装置3台、LDL(免疫)吸着装置2台