診療科

リハビリテーション科

リハビリテーション科のご紹介

当院が急性期病院という特徴から、リハビリテーション(以下リハビリ)科の病床はなく、各科での急性期入院患者を対象として診療しています。当院は日本リハビリ医学会認定の研修施設です。また当院は、脳血管リハビリ、心大血管リハビリ、呼吸器リハビリ、運動器リハビリとも施設基準Iです。リハビリ科専任医師は2人ですが、関連各科の協力 により兼任を含むと7人の医師により日々の診療しております。昨年は7300人以上の急性期患者のリハビリを行いました。疾患が安定していない時期でのリハビリですので、院内各部署と連携し患者一人ひとりにあった安全なリハビリを心がけています。基本的には入院患者を対象としておりますが、平成22年より開始した心臓リハビリに関しては機能回復というより再発予防が目的のため外来リハビリを行っています。また、がん診療拠点病院である当院では、がんリハビリも平成23年より行っております。

医師紹介