診療科

呼吸器内科

呼吸器内科のご紹介

呼吸器疾患全般に対して呼吸器外科等他の診療科と協力して幅広く対応しています。
がん診療連携拠点病院の呼吸器内科として、肺癌の診療が増加しています。画像診断など各種検査は可能な限り外来で実施、手術適応があれば呼吸器外科に依頼して迅速に手術の計画を立て、放射線治療の適応があれば放射線科と協同して治療の計画を立てています。化学療法が治療方針となる方には、初回のみ入院で実施し、2回目以降は 外来化学療法とする方針を原則とし、安全、確実に実施できるよう徹底しています。がんの苦痛を取り除く、緩和医療にも十分配慮をしています。気管支鏡検査は年間300例以上を実施し、超音波気管支鏡(EBUS)も導入しています。
一方、急性期病院として急性疾患にも対応しており、肺炎、間質性肺炎、喘息やCOPDの急性増悪などを診療しています。呼吸不全を伴っている場合は、積極的に非侵襲的陽圧呼吸(NPPV)を使用し、気管内挿管が必要となる場合には麻酔科と協同してICU管理を行っています。また、病状が安定した場合は、病診・病病連携を利用して逆紹介を進めており、医療連携を積極的に活用させていただいております。

医師紹介

呼吸器内科をもっと知る

kyokyuukinaikawomottosiru-01

特殊医療機器

CT、MRI、超音波気管支鏡(EBUS-TBNA、EBUS-GS)、蛍光気管支鏡、非侵襲的陽圧呼吸(NPPV)、呼吸抵抗測定装置(モストグラフ)、呼気NO測定装置、アプノモニター、結核菌DNA-PCR(LAMP法)