診療科

循環器内科

循環器内科のご紹介

当科では、急性心筋梗塞や不安定狭心症、重症不整脈、急性心不全などで生命に危険のある患者さんに、カテーテル治療を中心とした最新の高度医療を24時間365日提供できる体制を維持しています。急性冠症候群では、病院到着から再灌流までの時間を90分以内に行えるようにしています。安定狭心症に対しては、至適薬物療法を基本とし、カテーテル治療やバイパス手術によるエビデンスに基づいた血行再建療法を行っています。心房細動などの薬剤抵抗性不整脈に対してはカテーテルアブレーション治療、左脚ブロックによる重症心不全に対しては心臓再同期療法(CRT)、致死的不整脈に対しては植え込み型除細動器(ICD)を行っています。最近心房中隔欠損症に対するカテーテ ル治療、ペースメーカー感染に対するレーザーリード抜去術も開始いたしました。将来は高齢者の大動脈弁狭窄症に対するカテーテル治療も導入して参ります。

医師紹介

循環器内科をもっと知る

junkankinaikawomottosiru-01

特殊医療機器

フルデジタル心血管撮影装置(2台)、冠動脈内超音波診断装置(IVUS)、ロータブレーター、光干渉断層計(OCT)、冠動脈内心筋血流量予備比測定装置、高周波アブレーション装置、CRYOアブレーション装置、HOT balloonアブレーション装置、CARTOマッピングシステム、エキシマレーザー発生装置、心血管画像ネットワークシステム、大動脈内バルンパンピング(IABP)、経皮的心肺補助装置(PCPS)、LDLコレステロール吸着器、心エコー、食道エコー、トレッドミル、ホルター心電計、携帯型24時間血圧測定装置、血管内皮機能測定装置(FMD)、脈波伝搬速度(PWV)測定装置、動脈硬化測定検査(CAVI)