診療科

消化器内科

消化器内科のご紹介

当科は、名古屋市東部地区の中核病院として、非常に多数例の急性および慢性消化器疾患の診療を行っています。また現在、がん診療連携拠点病院として消化器癌全般の診断・治療を精力的に行っています。特に以下の疾患に重点を置いて診療を行っています。

医師紹介

【肝疾患】

当院は肝疾患専門医療機関として県から指定を受けており、診断・治療に対して精力的に行っています。B型肝炎に対するエンテカビル治療やC型肝炎に対するペグインターフェロン治療などの抗ウイルス治療 については東海地区ではトップクラスであり、多数例の治療を行っています。肝癌に対する内科的局所療 法、肝動脈塞栓術、肝癌化学療法、放射線治療などにも力を入れています。また、当院では肝移植手術は 行っていませんが、その適応の有無についての検討は行っており、移植可能な施設との連携をとっています。

【膵胆道系疾患】

膵胆道系疾患は良性から悪性まで幅広くそのすべてを取り扱っています。胆石症及び総胆管結石は積極的に砕石術やドレナージ術など内視鏡治療を行っており、手術困難な例においても短時間で侵襲の少ない方法で行っています。急性膵炎など生命に重篤になる病気に対しては、集中治療室と協力をして動注療法など積極的に行っています。 胆管癌、胆嚢癌、膵癌などの悪性腫瘍は超音波内視鏡検査(EUS)、内視鏡的逆行性膵胆管造影検査(ERCP)、超音波内視鏡下生検(EUSFNAB)などの手法を用い、正確な診断を行い治療方針を決定しています。内視鏡治療や抗癌剤を用いた化学治療を数多く、積極的に行っており、その成果も年々上昇しています。

【消化管疾患】

食道および早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を多数例手がけています。また大腸ポリープや大腸癌に対する拡大内視鏡を用いた正確な診断、および内視鏡治療にも力点を置いています。手術が困難な消化管進行癌に対して、化学療法や放射線治療などを患者さんの状態に合わせて副作用が少なく効果的に実施できるようにしています。

消化器内科をもっと知る

shoukakinaikawomottosiru-01