診療科

産婦人科

産婦人科のご紹介

産科は、愛知県指定の総合周産期母子医療センターとして積極的にハイリスク妊婦さんの緊急母体搬送を受け入れ、母体胎児集中治療室(MFICU)にて診療を行い、胎児を30分以内に娩出する超緊急帝王切開に対応する体制を整えています。合併症をもった妊娠希望の方は、妊娠前からのケアを含めて各科と連携し診療しております。また比較的低リスクの妊婦さんは、やごと周産期ネットワークを利用し地域と連携して妊婦健診を行っています。現在のところ分娩の制限は行っていません。
婦人科では、子宮や卵巣の悪性腫瘍に対して、手術療法や化学療法併用放射線療法、 強度変調型放射線治療(トモセラピー)などの治療を実施しています。手術では神経温存術式やリンパ管温存術式を行い合併症予防に努めています。術後リンパ浮腫についてはリンパ浮腫セラピスト取得看護師がリンパドレナージやセルフケア指導を行っています。子宮筋腫や卵巣腫瘍などの良性腫瘍では腹腔鏡や開腹による手術療法を中心に治療しています。

医師紹介

産婦人科をもっと知る

sanfujinkawomottosiru-01sanfujinkawomottosiru-02sanfujinkawomottosiru-03

sanfujinkawomottosiru-04sanfujinkawomottosiru-05sanfujinkawomottosiru-06

sanfujinkawomottosiru-07sankanikkisyussannokibou