診療科

糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科のご紹介

東海地方の内分泌代謝疾患診療における中核病院の一つであり、糖尿病等の代謝疾患から下垂体、甲状腺、副腎、膵、副甲状腺等の内分泌疾患まで幅広い疾患の診療を行っています。糖尿病については各職種からなる糖尿病教室スタッフを中心に患者教育を行い、教育入院の他、院外に開放された糖尿病教室、「糖尿病の集い」等、地域への啓発にも貢献しています。治療は内服薬に加えGLP1製剤治療、ポンプによるCSIIにも力をいれており、持続血糖測定(CGMS)も積極的に利用しています。また移植外科において膵移植も可能です。内分泌疾患に対しては各種負荷試験の他CT、MR、各種シンチグラム、甲状腺エコー、穿刺吸引細胞診に加え放射線科との協力により副腎静脈サンプリング、膵SASI等による各種ホルモン産生腫瘍の部位診断、また外来での131Iを用いたバセドウ病に対する内照射療法、甲状腺癌に対するアブレーションも可能です。

医師紹介

tounyoubyounaibunpitugekawomottosiru-01