診療科

緊急帝王切開について

緊急帝王切開術について

帝王切開術は、経腟分娩が困難な場合、急速遂娩を必要とする場合、経腟分娩が母児共に危険と考えられる場合などに行われる手術です。 妊婦さんは誰でも、妊娠中や分娩中に、母体もしくは胎児に予期せぬ緊急事態が発生し、胎児をできるだけ早く帝王切開で分娩させたほうがいい場合があります。その時は、妊婦さんとご家族にゆっくり手術の説明をする時間がなく、直ちに緊急帝王切開術を行う必要があることもあります。また、出産時に、出血が多量となり、母体に生命の危険が及ぶと判断した場合には、輸血の施行や子宮動脈の結紮・塞栓などの止血処置や子宮を摘出せざるを得ないときもあります。この様な事態に備えて、当院では、事前に手術・麻酔・輸血の必要性・危険性・合併症について説明させていただきます。緊急帝王切開術が必要な場合では、胎児を早期に娩出させる必要があるため、母体の手術前の検査を行う事ができないことや、また、ご家族への連絡も不充分となる可能性がありますが、妊婦さんの安全を守るために、最善の努力をし、適切に対応させていただきます。

また、妊娠中、母体の合併症疾患や予期せぬ事故のため、母体の心停止が生じたときは、積極的に蘇生処置をします。心肺再開しない場合には、母体と胎児の救命を目的とした緊急帝王切開術(死戦期帝王切開術)を施行します。この場合、緊急の事態のため、ご家族への連絡や説明が遅くなる可能性がありますが、可及的速やかに適切な治療をさせていただきますのでご了承下さい。

医師紹介