薬物療法内科

薬物療法内科のご紹介

当院では38床の外来化学療法ベッドを有しています。薬物療法内科では、この外来化学療法センターで治療を受ける患者さんの日々の管理をしています。抗がん剤投与レジメン・投与量の確認、実際の治療、合併症対応が主な業務です。指導医と研修医の2名が常駐してこの業務にあたっています。がんの化学療法薬剤は、分子標的薬の開発もあって長足の進歩を遂げ、ほとんどの悪性腫瘍の生存期間は以前より大幅に延長しています。治癒が期待できる患者さんも着実に増えています。しかしその分、中長期まで含めた合併症に関して、従来の薬剤とは異なる合併症も報告されており、その対策も重要性が増してきています。薬物療法内科は、こうした点まで含めた抗がん剤治療の管理に特化した部門として、当院のよりよい患者治療に貢献しています。

医師紹介

役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
医 長
柴田 剛志
平成15年 腫瘍内科 日本内科学会認定内科医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、医学博士
非常勤医師
井上 めぐみ
平成14年