診療科

血液・腫瘍内科

血液・腫瘍内科のご紹介

当主に造血器腫瘍に対する、最新のエビデンスに基づいた国際的な標準的治療法を行っています。標準的治療法 が確立していない疾患に対しては、悪性リンパ腫・多発性骨髄腫については、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)のリンパ腫研究グループ、白血病・骨髄異形成症候群については日本成人白血病研究グループ(JALSG)のメンバーとして 積極的に症例登録を進めています。また第I相から第III相まで数多くの分子標的薬などの新薬治験も行い、難治性の リンパ腫・骨髄腫や白血病・骨髄異形成症候群の治療成績向上を目指しています。造血器腫瘍以外にも再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病など難治性疾患の診断・治療も数多く行っています。適応のある患者さんに対しては 臍帯血移植を含む同種造血幹細胞移植、および自家末梢血幹細胞移植を積極的に実施しています。また血液・腫瘍内科業務の経験を生かし、院内の輸血教育や自己血採血業務、また固形がん患者も対象とした入院化学療法ベッドの運営も担当しています。

医師紹介

血液・腫瘍内科をもっと知る

ketuekisyuyounaikawomottosiru-01

特殊医療機器

CT、MRI、血液成分分離装置、フローサイトメーター