診療科

麻酔・集中治療部

麻酔・集中治療部のご紹介

手術の麻酔と集中治療、ペインクリニックを担当しています。外科系全診療科の手術に対応しており、全身麻酔はすべて麻酔科医が行う体制になっています。術前評価から術中の麻酔管理、術後鎮痛まで、常に質の高い麻酔を提供できるよう努力しています。患者支援センターで外来の段階から手術患者さんの術前評価を詳細に行い、手術中の麻酔においては、術後鎮痛に有効な末梢神経ブロックなどの新しい手技や薬剤、最新のモニター類などを積極的に取り入 れることで安心・安全な周術期管理と合併症の無い早期の社会復帰を目指しています。ICUでは、麻酔科医が24時間体制で重症患者さんの治療にあたっています。当院は救命救急センターであるため救急患者さんが非常に多く、入室 者の約50%を占めています。心臓や、肺癌、食道癌などの侵襲の大きい手術や緊急手術の術後管理も行っています。補助循環や血液浄化療法といった特殊な治療も、臨床工学技士の協力で必要時にはいつでも開始できる体制が整っています。医師、看護師、薬剤師、理学療法士のチームによる回診と治療方針の検討を入室中のすべての患者さんに対して毎日行い、最善の治療が行われるよう努めています。ICUの重症患者さんにおいても早期からのリハビリテーションの必要性、有用性が謳われており、当院でもリハビリテーション課の協力のもと積極的に行うことで治療成績の向上につなげています。ペインクリニックは、難治性の神経障害性疼痛に対し超音波ガイド下の神経ブロック療法、透視下の神経ブロック療法を中心に、薬物療法も併用しQOLを重視した治療を行っています。ペインクリニックの技術、治療法を積極的に適用し、緩和ケアにおいても中心的役割を果たしています。

医師紹介

麻酔・集中治療部をもっと知る

masuisyutyuiryoubu-01

特殊医療機器

人工呼吸、非侵襲的陽圧換気(NPPV)、ネーザルハイフロー、大動脈内バルーン・パンピング(IABP)、経皮的心肺補助(PCPS)、ペースメーカー、血液透析、持続血液浄化、血漿交換、血液吸着、脳低温療法、超音波ガイド下神経ブロック、透視下神経ブロック、CTガイド下神経ブロック、硬膜外ポート、くも膜下ポート