救命救急センター

救命救急センターについて

センター長あいさつ

副院長 救命救急センター長

野口 善令

当院は、赤十字病院の社会的ミッションとして早くから救急医療に取り組み、昭和59年には愛知県の救命救急センターに指定されています。その後も、救急医療に対する改善、工夫を重ね、重症度、傷病の種類,年齢によらずすべての救急患者をERで診療する「ER型救急」と専門診療科による高度な医療を提供する「全科参加型」とのハイブリッドな救命救急センターを実現させてきました。今後も「救急車は断りません!」=「不応需ゼロ」をスローガンに、重症患者さんのセーフティネットとなることを目指して全スタッフが力を合わせて地域住民の皆さまの信頼に応えるべく努力していく所存です。

救命救急センターについて

すべての患者さんへ、クオリティの高い救急医療を

「どんな時にも決して救急患者さんを断らない」。それが、救命救急センターを貫くポリシーです。すべての救急患者さんを受け入れることを理念とし、必要な治療や検査、手術などを24時間体制で行うための設備や人的体制を整えてきました。年間取り扱い救急患者数が4万5千名以上、救急車で搬送された患者数が9千名以上と、名古屋市内でトップレベルの実績を誇り、地域の救急医療の核としての使命を担っています。
当センターならではの特長は、全診療科の医師が救急に携わる「全科参加型」の救急医療を提供していることです。ICU/CCUやSCUといった特殊診療部では医師が常時待機し、その他の科ではオンコール体制をとることで、救急医療の現場で各診療科の専門的な医療を提供できるのです。 患者さんの負担を最小限に抑え、少しでも快適に過ごしていただくために、アメニティにもきめ細かく配慮するほか、災害拠点病院として、広域自然災害や大規模な事故、集団食中毒など、多数の方が同時に運び込まれる事態に備え、非常時のライフラインや臨時救護所の設備を確保しています。
生命を守る最後の砦として、つねにクオリティを高め、地域に開かれた存在でありたいと考えています。

特殊医療機器

心電図伝送受信装置、超音波診断装置、患者モニター装置を整備した救急蘇生室を救急外来に設置しています。 愛知県医療情報双方向端末機、救急検査室、救急薬局を併設、レントゲン・CTも24時間体制で対応しています。