初期研修医

概要

理念

医療人として適正な人格形成を目指した研修医教育を行います。 医療チームの一員としての役割をはたすことができるよう研修医教育を行います。 患者さん中心の医療の中で、全人的医療を心掛けます。 救急医療・入院診療などを通してプライマリ・ケアの習得を目標とします。 赤十字の研修として、災害医療に貢献できる教育を行います。

院長メッセージ

      院長 石川 清

研修医教育は当院の歴史と伝統

当院は、歴代院長が首尾一貫した方針で病院の進むべき方向性を定め、歴 史と伝統である救急医療、高度医療、災害救護と国際救援、がん診療、周産 期医療、医療連携、研修医教育などを推進することによって現在の病院に まで発展してきました。特に“研修医は病院発展の原動力”との考えのもと、 研修医教育には最重点を置き研修医教育指導体制の充実を図ってきまし た。そして、さらなる充実した研修医教育を実現するため、2013年4月から 新たに臨床研修部を創設いたしました。

ジェネラリストとしての習得に加え、医 師・組織人・社会人としての人間形成

当院の研修医教育の中で最も重視している点は、救急外来での教育です。“八事日赤と言えば救急、救急と言えば八事 日赤”と言われるほど救急は当院の代名詞とも言うべき領域であり、豊富な症例、優秀な指導者、最新の医療機器を整 備し、充実した救急外来での研修医教育を実施しています。当院での2年間の初期研修期間中、救急外来での診療を 通して、あらゆる疾患についての診断・治療を経験することにより、ジェネラリストとしての医師の基本は間違いなく習 得できるものと確信しています。さらには、日々日常の診療の中で、患者や職員とのコミュニケーションを通して、医師 として、組織人として、社会人としての人間形成が達成できるものと思っています。

最高の病院で最高の研修医教育

当院では創立100周年に向けて「最高の病院になる」という一大目標を掲げ、コーチングを始めとしたいろいろな取り 組みを進めています。最高の病院とは、職員が日々の仕事にやりがいを持ち、自分たちの行っている医療やサービスは 最高であると信じ、さらに、患者さんが自分たちの受けている医療やサービスは最高であると感じている病院です。最 高の病院になるためには、職員全員が最高の病院になるという同じ方向を向かなければ達成できません。研修医の皆 さんには、最高の研修医教育を受けていただく中で、われわれ職員と一緒になって、最高の病院を目指して頑張ってい ただくことを期待しています。

基本プログラム責任者

副院長・第一総合内科部長
基本プログラム責任者

野口 善令

名古屋第二赤十字病院初期研修基本プログラムへようこそ

医療に対する社会的要請は、現在急激に大きく変わろうとしています。初期 研修では、その変化する環境の中でも臨床医を目指す人であればどこへ進 むとしても医療人として必要な基本的な診療能力・姿勢・態度を身につけなければなりません。
当院では、ホスピタルミッションのひとつに人材育成をあげ、病院全体で研 修医を育てる体勢を作り上げる努力を継続してきました。その結果が、充実 した病院設備、熱意のある指導医、優秀なコメディカル、コモンディジーズ 症例の豊富さ、診療能力の高さと診療実績の充実など魅力ある研修環境に結実しています。研修医の満足度は高く、 初期研修を修了した多くの研修医が専門研修へと進みます。当院の臨床研修に対する取り組みは、NPO法人卒後臨 床研修評価機構の「臨床研修評価」の審査(平成25年更新訪問調査)において「認定(6年)」の高い評価を受けまし た。当院の基本プログラムは、研修医のニーズにマッチするよう選択科の自由度を高く、かつ、関連する診療科の間(呼 吸器内科・外科、循環器内科・心臓血管外科など)でシームレスな研修ができるように工夫されています。研修医教育 カンファレンス、外国人講師による CASE CONFERENCE、フロリダ大学病院での海外研修など研修医のモチベー ションを引き出すための教育行事も多く行われます。さらに、当院の特色として、救急医療、高度急性期医療、災害医療 が充実しており幅広い急性期疾患や救護活動を経験することができます。 是非、当院で実りのある医師としての第一歩を踏み出してください。

小児科プログラム責任者

第一小児科部長
小児プログラム責任者

岩佐 充二

社会にとって貴重な〈小児科医〉、 その第一歩を確実に踏み出してください。

小児科研修プログラムの特色は、初期研修1年次に1か月間、2年次には3 か月間以上の小児科研修があります。救急、循環器、腎臓、アレルギー、血 液疾患、小児精神、神経、内分泌などの専門医も充実。NICUは総合周産期 母子医療センターとして中核的な役割を担い、小児救急は一次から三次救 急まで対応し、小児集中治療室(PICU)も2床備えています。小児腎臓病科 は慢性腎臓病の治療、小児腎移植などを行っています。また、初期研修から 専門までの一貫した研修が可能であり、研修後は、どこの医療機関でも頼 りにされるすばらしい小児科医になっていることを確信します。

産婦人科プログラム責任者

第一産婦人科部長
産婦人科プログラム責任者

山室 理

充実した体制によるきめ細やかな指導を実践しています。

当院産婦人科は愛知県指定の総合周産期母子医療センターであり、ハイリ スク妊娠の管理に定評を持ち腎移植後妊娠の治療では全国有数の症例数 を誇ります。新専門医制度の基幹施設に認定されており、産婦人科専門医 の取得のため第一線の関連施設と協力体制を整えているところです。日本 周産期・新生児医学会、日本婦人科腫瘍学会の専門医指導施設でもあり、 各分野の専門医の取得にも当院の勤務経験が有利に働きます。将来産婦 人科医を志している学生さんはぜひ当院の産婦人科プログラムで初期研修 を受けてください。