初期研修医

当院の臨床研修について(Q&A)

臨床研修

Q1:初期研修プログラムの特色は…?

当院の救急医療は、名古屋市内でトップレベルの実績があります。単に1-3 次救急のファーストタッチを初期研修医が 行うだけでなく、病院全体で救急医療の体制を整え、屋根瓦式の教育で研修医の指導を行うことで、全ての研修医が 数多くの症例に対して段階的に、安心して対応できるように教育システムが整えられています。それに加え、日々の各 科ローテでは緊急時に必要なオールラウンドな知識だけでなく、将来各科のスペシャリストになる為に必要な知識や 技術も身に着けることができます。

Q2:当直体制を教えてください。

研修医1年目・2年目が各2名ずつ(時期により各学年+1名ずつに加え、準夜勤が2名ほど加わります)に、管理当直 者(診療科部長クラスの中堅以上の医師)が1名、3年目以上の医師が2名、さらに各診療科には院内待機の医師が控 えており、安心して当直に臨むことが出来ます。

Q3:当直は大変ですか?

症例数が多く、慣れるまで大変に感じる方もいます。1ヶ月あたり当直が2~5回(時期や全体のローテートのバランス により異なります)。休日日勤が1回程度です(平成26年度実績)。

Q4:女性医師の割合はどうですか?

病院全体では、女性医師が53名(全体:231名)で、女性研修医は17名(全体:42名)となります。�産休・育休制 度ももちろんあり、職場復帰を円滑に行えるよう配慮しており、女性が働きやすい環境だと思います。(平成27年度4 月1日現在)

Q5:初期研修修了後の進路を教えてください。

多くの研修医は、以下の表に示すように初期研修終了後も当院に残り、後期研修医(専攻医)として希望する科で研修 しています。いっぽうで、当院以外の大学や施設に進み新しい経験を希望するのもまったく自由ですし、それによる不 利な処遇等はありません。

 

 

試 験・採 用

Q1:選考試験はどのような形式で行われますか?

筆記試験と面接試験とグループディスカッションを行い、その人の人間性と学力を総合的に評価して判断します。
筆 記試験としては語学・小論文、その他に適性検査を実施しています。(平成28年度実施状況)

Q2:採用試験は、応募時に志望診療科が決まっていないと受験できませんか?

受験できます。もちろん志望科が決まっている場合は、その思いを伝えていただければと思いますが、決まっていなくと も、採用試験の評価判定には関係しません。初期研修中に進路を決める方や、先輩や上級医に相談して決める方も多 いです。

Q3:採用試験の倍率はどのくらいでしょうか?

例年だいたい1.5倍ですが、年度によって異なります。当院で医師としてのキャリアを積みたいという意欲的な方は、ぜ ひ倍率等はお気になさらずご応募いただきたいと考えています。

Q4:説明会や見学に参加しないと応募はできないのでしょうか?

応募の際、説明会や見学会の参加有無や回数は一切問いません。しかし、一度は見学にお越しいただき、当院の雰囲 気やそこで働く職員たちの姿を知り、研修医や先輩医師から話を聞くなど、ご自身で確かめることをお勧めします。

Q5:「特定の大学から何名採用枠がある」などという噂がありますが…?

特定の大学の採用枠はありません。参考までに、過去3年間の採用者出身大学(北~南)を示します。 山形大学 福島県立医科大学 獨協医科大学 自治医科大学 金沢大学 福井大学 岐阜大学 愛知医科大学 名古屋市立大学 名古屋大学 藤田保健衛生大学 三重大学 滋賀医科大学 大阪市立大学 鳥取大学 広島大学 香川大学 福岡大学 熊本大学 宮崎大学 琉球大学

Q6:職歴や年齢は関係しますか?

職歴の有無や年齢の高さなどが採用に不利になることはありません。現に、職歴を持つ比較的年齢の高い方々も毎年 のように採用しています。

その他

Q1:研修環境・設備などについて教えてください。

皆さんが充実した研修生活を過ごせるように、研修医室を設置しています。各自の机、本棚、ロッカーはもちろん、各種 講義・研修医ミーティングが行われる会議室も同フロアにあり、そこには電子カルテ端末も複数台配置されています。

Q2:名古屋にあまり馴染みがありません。どんな街ですか?

名古屋駅周辺は、暮らしを楽しむという意味でも十分に魅力的です。ショップや飲食店も栄を中心に沢山あり、物足り なさを感じることはまずありません。また、当院に程近い八事や本山、星ヶ丘などの街も余暇を過ごすのに最適です。 病院の周辺は閑静な住宅街となっており、一人暮らしをする場合でも大変安心して暮らせるエリアです。

Q3 : 福利厚生を教えてください!!

病院旅行や個人宿泊の補助、トレーニングジムやアミューズメントパークなどの割引や利用補助など様々な福利厚生 により、職員の充実した生活をサポートしています。

Q4:休暇はどのくらい取得できるのでしょうか。

年次有給休暇は、1年目10日、2年目11日となります。年末年始は12月29日から1月3日までが休日となります。ゴー ルデンウィークもカレンダーどおり休みとなります(但し、病院ですので、日直・当直業務等は順番に行いつつ休みを取 る形になります)。また、所定の手続きを行うことにより慶弔等での休みも取得できます。