薬剤部

専門・認定

がん専門薬剤師

「がん」と告知された時、将来に対する様々な不安に加え、抗がん剤治療に 対する不安も重なり、大きな精神的ダメージを受けます。多くのがん治療に おいて、抗がん剤治療はほぼ必須となりますが、昨今の医学においても残 念ながら薬だけで治癒させることは困難です。従って「治療と生活の質的 向上の両立」が、がん診療に携わる医療スタッフの大きな目標になります。 また最近では、治療や副作用対策の進歩により、多くの方が外来通院で治 療を受けられています。一方で、副作用の多くが自宅で出現するわけですか ら、その対策とセルフケアの充実化が重要になります。必要であるはずの抗 がん剤治療が副作用で継続できないことは避けなくてはなりません。がん 治療を進めていく上で、適切な服薬指導とモニタリング、副作用に対する予 防的・治療的薬物療法の処方提案と評価を行い、安全かつ安心ながん治 療を提供していくことがん専門薬剤師の役割と考えています。

 

感染制御専門薬剤師

毎日、病院職員ひとりひとりが感染に関するルールを守り、患者さんを院内 感染から守る。感染制御は地味な領域ですが、患者さんに安全で適切な医 療を提供するためになくてはならないものです。ルールを正しく守り続ける には、「どうしてそのルールが必要か」を理解していないとできません。様々 な職種からの疑問に対して明確に、わかりやすく答えるのが感染制御専門 薬剤師です。感染症治療に必要な薬剤や微生物および患者さんの病態に 関する知識とともに、環境整備や手指衛生などの感染対策についても常に 新しい情報を取り入れ、実践できる対策を立案する。そしてそれらが正しく 行われていくよう支援する役割を担っています。 今、薬剤師は病棟や外来において様々な業務を行っており、患者さんの近 くで仕事をしています。そのような中、病棟担当薬剤師が感染対策の基礎 知識を持ち、担当する部署でその知識を活かせるよう支援するのも役割の 一つです。

NST専門療法士 Nutrition Support Team:栄養サポートチーム

「栄養療法」は治療の一環です。NSTは多職種からなるチームで、当院は医 師、薬剤師、看護師、臨床検査技師、管理栄養士、理学療法士、歯科衛生士 より構成されていますが、患者さんやその家族も含めて病院全体が大きな チームと言えます。薬剤部には4名の専門療法士が在籍していますが、栄 養療法部門だけを担当するのではなく、調剤、注射、製剤、病棟業務も行っ ています。現在、ほぼ全病棟で週1回NSTカンファレンスが開催されるよう になり、病棟薬剤師とともに参加しています。カンファレンスでは、食事と薬 剤の相互作用や検査値に及ぼす影響、注射薬のメニュー作成、経鼻・経管 栄養の投与量・投与方法などを提案し、医師や看護師、担当栄養士とともに 最適な栄養療法を検討しています。NST回診は交代制ですが、回診で得た 情報を共有し、病棟薬剤師へフィードバックするとともに、提案後の評価を 行い、継続したバックアップを心がけています。 また、痛みで食べられない患者さんや褥瘡で栄養量が不足している患者さ んには、緩和ケアチームや褥瘡チームの薬剤師に情報提供を行うなど、薬 剤部内での連携にも力を入れています。

緩和薬物療法認定薬剤師

緩和ケアは、がん対策基本法において重要な柱として位置づけられていま す。その中で、がんの痛みや症状管理に積極的に貢献できる薬剤師が必要 とされています。がん治療において痛みをコントロールする薬剤の担う役 割は非常に大きく、専門的な技術と注意を要する医薬品の服薬指導と処方 支援を行う薬剤師には、専門的な知識だけでなく高いコミュニケーション 能力が求められています。 当薬剤部には現在3名の緩和薬物療法認定薬剤師が在籍しています。緩 和ケアチームへの参加、医療用麻薬およびそれに伴う薬剤の適正使用のた めの情報提供および継続した支援を行っています。 個々の患者さんの痛みに応じた薬物療法を検討し実践していく中で、痛み から解放された患者さんの笑顔を見られるとき、何にもかえがたい喜びを 感じます。

日本糖尿病療養指導士

学生時代は糖尿病関連の研究に取り組みました。入社後は糖尿病に関わる ことを希望し、2年目に糖尿病教室の講師を担当する機会を頂きました。糖 尿病教室はチーム医療の先駆け的存在です。その時に患者さんの為に複 数の専門職が連携するという、チーム医療の魅力を実感できたことによ り、ますます糖尿病治療に興味を抱き、入社6年目に日本糖尿病療養指導 士を取得しました。その後、糖尿病治療に興味を持つ者同士で切磋琢磨す る場を設けるため、糖尿病勉強会を立ち上げました。 現在、薬剤部には4名の日本糖尿病療養指導士が在籍しています。糖尿病 教室、部内糖尿病勉強会、薬剤部新人教育、看護師教育、外来での糖尿病 療養指導、学会発表など皆で力を合わせて取り組んでいます。 日本糖尿病療養指導士の取得により、病態、食事、運動、患者心理、教育な どを包括的に学ぶことができました。また、学会・セミナーに参加する機会 が増え、多くの人との交流が自身のさらなる成長に繋がっています。今後も 患者さんにより良い糖尿病療養指導が提供できるよう自身の専門性を高め ていきたいと思います。

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師は「母体の健康と母乳保育の利点に配 慮するとともに、胎児・乳児等の次世代への薬物有害作用に配慮した薬物 療法を担う」を理念とし、妊婦・授乳婦カウンセリングを行っています。病気 のため服薬しながら妊娠を希望する患者さんや、妊娠に気づかず薬を飲ん でしまった患者さん、また授乳中に服薬する患者さんがその対象となりま す。カウンセリングの際には、生殖発生毒性に関する情報、薬剤の母乳移 行に関する情報などを収集・評価し、産科や新生児科の医師と連携して赤 ちゃんへの薬の影響についてわかりやすくお話しします。患者さんの不安 を取り除き、不必要な妊娠中断や母体に必要な薬剤の中止を避けること が、私たちの目標とするところです。 また、当院は愛知県総合周産期母子医療センターに指定されており、県内 から合併症を持った妊婦さん、早産の危機にある重症の妊婦さんを多数受 け入れています。そのような患者さんに対しても安心して妊娠生活を送れる よう、また、出産後は育児に専念できるよう病棟においても薬学的管理を 行っています。

上級医療情報技師

医療情報技師(Healthcare Information Technologist)とは、日本医療 情報学会が付与する資格です。電子カルテをはじめとする病院情報システ ムを扱う上で情報処理技術だけでなく医療分野・医療情報システムの知識 が必要です。2007年から上級医療情報技師の資格が開始され、現状分析 に基づく企画提案ができリーダーシップを発揮できる医療情報技師と定 義されました。 当院では、上級医療情報技師および医療情報技師が常駐し、医療情報部 と協働して電子カルテの1回量処方や高度なオーダーチェックシステムの導 入に成功し、最近では薬剤部で医薬品ヒートに印字されたGS1データバー を使ったPDA3点認証を行っています。日本医療情報学会では評議員とし て活動しつつ、2度の優秀講演賞を受賞しました。日本医療薬学会でのシ ンポジウムや日本病院薬剤師会での講演も行っています。 病院機能の電子化において、薬剤師も戦略的に活動しなくてはいけない時 代が来ています。

DMAT

″より良い治療を多くの方へ″ DMAT(Disaster Medical Assistance Team)とは? 医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で 構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期 (おおむね48時間以内)に活動できる専門的な医療チームのことです。 日本DMAT隊員取得の経緯 入社後日赤職員として災害訓練などに参加する中で、災害時に薬剤師とし て何かできることはないかと思案していました。その際に、当院救急科医師 よりDMAT養成研修のお誘いを受け、参加することを決意しました。 活動内容 普段は災害時医薬品の管理、マニュアル作成、災害対策拠点本部での活動 などを行っていますが、緊急時・要請時は現場に赴いて活動したり、後方支 援などを行ったりしています。また、東日本大震災では日赤救護班として病 院支援、救護所を回るなどの活動を行いました。 最近では、震災の経験か ら災害時に救護班の一員として薬剤師を派遣する施設も多くなっており、 薬剤に関する幅広い知識を有する薬剤師だからこそ貢献できる部分が多 くあると思います。 災害医療に携わりたい、DMATを目指したい薬剤師の方、ぜひ一緒に働い てみませんか?