薬剤部

薬剤部概要

理念

薬剤部は名古屋第二赤十字病院の理念に基づき、患者さんを中心とした医療の質の向上に向けた医薬品の安全確保 と適正使用に努めます。

部長メッセージ

  薬剤部長 木下 元一

当院は、患者さんへの思いやりとあたたかみのある医療を目指して救急医 療・高度医療・がん医療の充実に貢献し、一方、赤十字であるところから災害 救援に力を入れる特徴ある医療機関です。その中で薬剤部は、安全・安心 の医療提供はもとより薬剤師としての学習の場、進んで行動できる薬剤師 の育成の場でありたいと考え、業務を行う薬剤師のレベルアップを目指して います。
具体的には救急病院であることによる24時間の勤務体制を確保しつつ、薬剤師法25条をはじめとする法的職務の遂 行と厚生労働省医政局長通知(医政発0430第1号)に準じた業務を推進します。日常的な業務では常に改善を行い、 具体的な結果を明示して業務の質の確認を行っています。 その指標として以下の数値を自動的に算出し明らかにしてPDCAサイクルを回します。 ・お薬渡し口での待ち時間 ・入院患者のうち服薬指導を受けた者の割合 ・後発医薬品切替率 ・(医師への)疑義照会の頻度と処方変更の割合 ・医薬品在庫の推移と適正在庫の把握
がんをはじめとしたチーム医療は、より一層の熟成期に入り、さらに2016年は院外処方化へ大きく舵を取ることによっ て以下の業務を強く推進していきます。 ・外来への薬剤業務展開と医療チーム連携 ・医薬情報の迅速な提供と分析、活用 ・医薬品のトレーサビリティの確保と安全でムダのない効率的な消費管理の実現 ・ITを活用した患者安全の確保 ・保険薬局薬剤師と連携した薬物療法の安全で効率的な実施
このような方法によって我々は患者さんを中心とした医療の質の向上に向けた医薬品の安全確保と適正使用を実現し ます。

薬剤部スタッフ構成

薬剤部スタッフ構成
薬剤部は男性22人・女性29人の総数51名のスタッフで構成されています。
年齢も幅広くなっております。

yakugakubustaff01