地域医療連携

やごとクロスネット

電子カルテ閲覧システム 「名古屋第二赤十字病院地域医療連携 ネットワークシステム(やごとクロスネット)」について

当院地域医療連携ネットワークシステム、通称「やごとクロスネット」についてお知らせいたします。

当システムは平成25年4月より運用を開始いたしました。出来るだけ多くの医療機関にご参加いただきたいと考えており、先生方にはぜひご参加いただきたいと存じます。

当システムにご参加いただくことにより、当院が保有する貴施設からの紹介患者さんの診療情報を、貴施設においてインターネットを通してリアルタイムで閲覧することができ、共同診療等にご活用いただくことが可能となります。

なお、ご不明な点・ご質問がございましたら名古屋第二赤十字病院 地域医療連携センターまでお申し出ください。

担 当 地域医療連携室  TEL 052-832-5367(直通)

やごとクロスネットに参加いただくメリット

●紹介患者さんの検査データなど、当院が保有する患者情報を、インターネットを通して安全に閲覧することができます。

●患者情報を共有することにより、2人主治医制を実現、病診連携における患者さんの不安を解消します。

●インターネットに接続できるPCがあれば、電子カルテの導入等、新たな設備投資は必要ありません。

接続環境について

要件1:インターネットに接続できる環境があること。ただし、一部のプロバイダでは接続できない場合があります。

要件2:CPUがIntel(R) Pentium(R) M processor1.73GHz 以上およびメモリが2GB以上であること。

要件3:OSはWindows Vista、7、8.1、10 のいずれかであること。 ※メーカーサポートが切れたOSは接続できません。( WindowsXPは2014年4月9日にサポートが終了しました。)

要件4:ディスプレイ解像度がXGA以上であること。(XGA: 1024×768) ※マルチモニターは正常に動作しない場合があります。(特に2 つのモニタの解像度が異なる場合)

要件5:INTERNET EXPLORER11.0 が動作すること。

要件6:所定の証明書をインストールできること。

要件7:所定のVPNソフトをインストールできること。

要件8:ウイルス対策を実施すること。Winny などのファイル共有ソフトは削除すること。

※このほか、利用規約及び細則等、ネットワーク利用に関する規程を順守いただくことが条件となります。

証明書とVPN ソフトは、貴施設へ接続作業にお伺いした際に、利用されるPC にインストールいたします。

やごとクロスネット申込から接続までの流れ 

やごとクロスネット利用規約と上記接続環境要件をご確認の上、やごとクロスネット参加申込書をFAXにてお送りいただくか、利用を希望される旨を電話またはメールにてお申し出ください。申請に必要となる書類一式を郵送いたします。必要事項をご記入いただき、地域医療連携センターへご返送ください。
※ご利用いただける方は、医療従事者に限らせていただきます。
※やごとクロスネット利用規約とやごとクロスネット参加申込書は、本ページより閲覧・ダウンロード可能でございます。

sankakuyajirushi

地域医療連携センター担当者から、接続日程調整のためFAX でご連絡します。 接続希望日をご記入いただき、返送いただきます。 調整後、日時が決定次第、FAX でお知らせいたします。
※接続要件を満たしていない場合は、接続作業実施日までに利用環境の整備をお願いします。
※接続作業は原則として平日の9:00 ~16:30 の間とさせていただきます。どうしてもこ都合がつかない場合はご相談ください。

sankakuyajirushi

担当者が貴施設へご訪問し、接続作業をさせていただきます。
※接続作業には、1台につき30分程度お時間をいただきます。ただし、ご利用環境によっては、さらに
お時間をいただく場合がありますので、ご了承ください。また、ご利用環境が接続要件を満たしていない場合は接続作業を実施できないことがありますのでご注意ください。

sankakuyajirushi

接続作業完了後、接続テストを実施し、異常が無いことを確認後、ID とパスワードを交付します。これを以て、接続作業完了・利用開始となります。
※ID・パスワードは利用者ごとに交付します。利用者本人以外は使用できませんのでご注意ください。

yagotokurosunettonomousikominonagare-02 yagotokurosunettonomousikominonagare-03 yagotokurosunettonomousikominonagare-04