地域医療連携

名古屋市医師会 実施要綱

名古屋市医師会病診連携システム実施要綱

[目的及び名称]
第1条
本システムは、名古屋市医師会(以下「本会」という。)定款第3条に基づき、本会会員が開設又は管理する病院と診療所等が、 将来のオープンシステムに向けて、それぞれの機能の向上を図るた めに連携を密にし、もって地域医療の充実・発展に資することを目的とし、 「名古屋市医師会病診連 携システム」と呼称する。

[病院の役割]
第2条
連携病院は、登録医(後述)からの紹介患者の受け入れ、登録医の入院患者訪問、主治医による患者の病状説明の便宜、及び 医師の生涯研修の場の提供を行なう。
2. 連携病院は、将来、下記の項目の実施に向けて努力する。
  1. 医学・医術の研鑚、向上など生涯研修の場の提供
  2. 診療の共同実施
  3. 高額医療機器、病室などの有効利用
  4. 病院本来の機能の向上

[病院の登録]
第3条
本システムに賛同する病院と、本会並びに関連支部会員とによる運営協議会(後述)を設立し、運用のための実施要領を作成する。
2. 前項の運営協議会設立と実施要領を作成後、本システムの”病院”として登録し、名古屋医報に公表する。
3. 登録期間は、1年(当年4月~翌年3月)とする。但し、特に申し出のない場合は、引き続き期間を延長する。

[登録医の申請、登録、取消]
第4条
本システムに賛同する本会会員は、別に定める様式(様式1)により本会に申請する。本会はこの届出を以って名古屋市医師会病診連携システムの 登録医とし、登録医の希望する当該病院に報 告する。
また既に登録されている本会会員が、登録病院の追加登録、並びに取消を行なう場合も本会に申請し、本会はこの届出について当該病院に報告する。

2. 登録医の報酬は、当分の間無償とする。
3. 登録医が第1条の目的にそぐわない場合、会長は医療連携委員会を諮り、適切な助言(指導)を与えることができる。
4. 登録期間は、1年(当年4月~翌年3月)とする。但し、特に申し出のない場合は、引き続き期間を延長する。

[登録医の役割]
第5条
登録医は、別に定める各連携病院の実施要領に従うものとする。

[運営協議会]
第6条
本システムの連携機能を円滑にするため、各連携病院毎に運営協議会を設ける。

[その他]
第7条
本要綱に定めのない事項及び運営上の疑義、問題について、会長は医療連携委員会に諮り、これを解決するものとする。

[附則]
第8条
本要綱は、昭和60年12月1日より実施する。
2. 平成11年4月1日一部改正。
3. 平成15年7月30日一部改正。
4. 本要綱の変更は、理事会の決定を要する。