地域医療連携

沿革

名古屋第二赤十字病院病診連携システムの沿革
(昭和59年12月 名古屋市医師会病診連携システム運用開始)

平成2年6月 第1病棟完成に伴い、病診連携システム専用受付を地域医療研修センターに開設し、専従職員 2名を配置
9月 名古屋第二赤十字病院病診連携システム、運用開始
平成4年 紹介患者追跡調査報告、診療科・医師専門領域一覧を配布開始
平成5年10月 病診連携システムの啓蒙を兼ね、患者・家族にアンケート実施
平成6年7月 専従職員を3名とし、未回答督促業務を開始
平成7年5月 登録医の機能情報調査を実施
平成9年4月 専従職員を5名とする
6月 病診連携ベッド、医療機器共同利用システムの運用開始
平成10年4月 名古屋第二赤十字病院病病連携システムの運用開始
平成11年4月 名古屋第二赤十字病院歯科病診連携システムの運用開始
平成13年8月 名古屋第二赤十字病院開放型病床の運用開始
平成14年4月 紹介患者さま事前診察予約制の運用開始
開放型病床の歯科登録医の利用開始
平成15年3月 登録医検索タッチパネルシステム運用開始