小児がん

診療科名:小児科

集学的治療の実施状況

小児科、小児外科、脳神経外科、放射線科、緩和ケアチーム、NSTチーム、化学療法チームと協力して集学的治療を行う。

小児科

:小児がんの診断と内科的治療を行う。

小児外科

:小児がんの外科的治療および乳幼児の中心静脈カテーテル(ブロビアックカテーテル)留置等を行う。

脳神経外科

:小児脳腫瘍の外科治療を行う。

放射線科

:小児がんの画像診断と放射線治療を行う。

緩和ケアチーム

:治療中、治療後、末期の症状緩和についてサポートする。

NSTチーム

:治療中、治療後、末期の栄養面でのアドバイスを行う。

化学療法チーム

:安全な化学療法をサポートする。

準じているガイドライン名

小児造血器腫瘍 :日本小児白血病研究会(JACLS)および日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)の多施設共同研究にのっとり治療を行う。
小児固形腫瘍 :日本ウイルムス腫瘍スタディグループ(JWITS)、日本小児肝癌スタディグループ(JPLT)等の多施設共同研究にのっとり治療を行う。

治療実績

病名 2017年 2018年
急性リンパ性白血病 2
急性骨髄性白血病 2
ランゲルハンス細胞組織球症 1 1
若年性骨髄単球性白血病 1