小児科

小児科のご紹介

私達は、地域の子ども達に対し、診療所の先生やご家族と連携をとり、患者さんの症状に合わせた、適切な医療を提供することを大きな目標として掲げています。外来部門では、小児一般の疾患に加え、循環器、腎臓、アレルギー、血液疾患、内分泌、小児精神、神経、母子診療、乳児発達、未熟児・新生児フォローアップ、予防接種、乳児健診など特殊専門外来を充実させています。入院部門では新生児集中治療部(愛知県総合周産期母子医療センター指定)35床(NICU15床、GCU20床)と一般小児ベッド36床を備えています。救急は24時間態勢で小児救急患者を診療し、重症患児はPICUで管理しています。新生児部門は院内だけでなく、院外出生患児を搬送する態勢をとっており、「後遺症なき生存と温かいNICU」を目標としています。専門医は循環器、アレルギー、腎臓、血液、新生児、小児精神の6分野にわたっており、質の高い医療を提供しております。

医師紹介

顔写真 役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
第一新生児科部長
総合周産期母子
医療副センター長(兼)

田中 太平
昭和57年 新生児未熟児疾患 日本小児科学会専門医・指導医、周産期新生児専門医
小児アレルギー科部長
神田 康司
昭和58年 小児アレルギー疾患(気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎など) 日本小児科学会専門医・指導医、日本アレルギー学会指導医、日本東洋医学会専門医(漢方専門医)
第一小児科部長
石井 睦夫
昭和60年 小児血液疾患(白血病、再生不良性貧血など) 日本小児科学会専門医・指導医、日本血液学会血液専門医
第二小児科部長
医療情報部長(兼)

岸 真司
昭和60年 医療情報学 日本小児科学会専門医
小児腎臓科部長
後藤 芳充
昭和63年 小児腎臓病(腎炎、ネフローゼ、腎不全、腎移植など) 日本小児科学会専門医・指導医、日本腎臓学会専門医、日本小児腎臓病学会評議員、日本臨床腎移植学会認定医、日本移植学会移植認定医
第三小児科部長
犬飼 幸子
平成7年 小児科学、小児循環器学 医学博士、日本小児科学会専門医・指導医、日本小児循環器学会専門医・評議員
役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
第一小児科副部長
横山 岳彦
平成2年 小児循環器病学、新生児循環器病学 日本小児科学会専門医・指導医、日本循環器学会専門医、小児循環器専門医 、日本体育協会公認スポーツドクター
小児腎臓科副部長
笠原 克明
平成12年 小児腎臓病 日本小児科学会専門医・指導医、日本腎臓学会専門医、日本医師会認定産業医、PALSインストラクター
医 長
廣岡 孝子
平成12年 小児一般、新生児未熟児疾患 NCPR(新生児心肺蘇生法)インストラクター
医 長
山田 崇春
平成15年 小児一般、新生児未熟児疾患、臨床遺伝 日本小児科学会専門医・指導医、日本周産期・新生児医学会専門医、臨床遺伝専門医、NCPR(新生児心肺蘇生法)インストラクター、インフェクションコントロールドクター(ICD)、小児慢性特定疾病指定医
医師
圓若 かおり
平成15年 小児内分泌学 日本小児科学会専門医・指導医、日本臨床遺伝専門医
医 師
長柄 俊佑
平成21年 小児一般 日本小児科学会専門医
医 師
森 由佳
平成22年 小児一般、小児アレルギー疾患 日本小児科学会専門医
医 師
真島 久和
平成22年 小児腎臓 日本小児科学会専門医
医 師
深谷 聡子
平成23年 小児一般
医 師
笠置 俊希
平成25年 小児一般
医 師
近藤 康宏
平成25年 小児一般
常勤嘱託医師
永井 幸代
平成1年 小児精神神経疾患 日本小児科学会専門医、日本児童青年精神医学会認定医、日本精神神経学会精神科専門医、日本小児精神神経学会認定医、子どものこころ専門医
常勤嘱託医師
柵木 善旭
平成22年 産婦人科 日本産科婦人科学会専門医
常勤嘱託医師(レジデント)
興梠 まり
平成27年 小児一般
常勤嘱託医師(レジデント)

上田 健太郎
平成27年 小児一般
常勤嘱託医師(専攻医)
柘植 一葉
平成28年 小児一般
常勤嘱託医師(専攻医)
髙垣 由紀
平成28年 小児一般
非常勤医師
服部 文子
平成11年 小児神経

小児科をもっと知る

shounikawomottosiru-01

地域の先生方へ

私達は地域の先生方と、さらに連携を深めてゆきたいと思っております。ご紹介いただいた患者さんは、すばやく対応し、入院部屋も確保するよう工夫を致します。時間外も小児科と新生児科の2名の当直が常駐しております。加えて、平成26年度からは小児に関する『小児相談窓口電話』を設置しています。地域の先生方を対象とした電話相談です。先生方が迷ったこと、困ったことでもどうぞお気軽に病院の方にお電話ください。
新生児搬送につきましても引き続き継続してゆきます。

 

<お知らせ>

いつも小児精神患者さんのご紹介をありがとうございます。患者さんの増加に伴い診療が不十分になるのを避けるため、大変申し訳ございませんが、2018年11月以降の予約に関しまして、1か月に3枠の新患枠を1枠と縮小させていただきます。大変ご迷惑おかけしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。
平成30年5月

名古屋第二赤十字病院
小児精神担当医師 永井 幸代
小児科部長 石井 睦夫