産婦人科

産婦人科のご紹介

産科のご紹介

産科の特徴は、総合周産期母子医療センターとして、MFICU(母体胎児集中治療室)とNICU・GCU(新生児治療室)を有しており、24時間体制で母体搬送の受け入れや、母児ともに緊急時に対応し、治療を行っています。
ハイリスク外来では、リスクの高い妊婦さんを産科チームで診察しており、合併症のある妊婦さんは、他科とも連携しながら診察を進めております。また、やごと周産期ネットワークでは、近隣の産科施設と連携しており、半数近くの妊婦さんは、自宅や職場などの近隣の施設で妊婦健診を実施しています。35歳以上の妊婦さんも多く、2018年から遺伝カウンセリングを始め、NIPT検査(無侵襲的出生前遺伝学的検査)を実施しています。
現在、分娩制限は実施しておらず、ハイリスクの妊婦さんだけでなく、リスクの少ない妊婦さんの分娩も行っています。また、妊婦さんが助産師に身近に相談できるように、助産外来や、院内助産(助産師のみでお産をすること)、母乳・育児外来も開設しています。安心して出産、育児ができるように、近隣の施設や保健センターなどの地域と連携をとりながら、産後2週間健診や産後ケアにも取り組んでいます。
医師、助産師、看護師、薬剤師など、様々な職種が産科チーム一丸となり、お母さんと赤ちゃんのために、安全で質の高い医療を提供し、安心して出産・育児ができるようにサポートいたします。

婦人科のご紹介

婦人科では、子宮や卵巣の悪性腫瘍に対して、手術療法や化学療法併用放射線療法、強度変調型放射線治療(トモセラピー)などの治療を実施しています。がんゲノム医療にも積極的に取り組んでおり、手術では、神経温存術式やリンパ管温存術式を行い、合併症予防に取り組んでいます。術後リンパ浮腫については、リンパ浮腫セラピスト取得看護師がリンパドレナージやセルフケア指導を行っています。子宮筋腫や卵巣腫瘍などの良性腫瘍では、腹腔鏡や開腹による手術療法を中心に治療しています。

医師紹介

顔写真 役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
第一産婦人科部長
外来化学療法
センター長(兼)

山室 理
昭和60年 産婦人科一般、婦人科腫瘍、周産期医療 医学博士、日本産科婦人科学会代議員・指導医・専門医、母体保護法指定医、日本婦人科腫瘍学会評議員・指導医・専門医、日本がん治療認定医機構認定医・暫定教育医、日本周産期新生児医学会母体・胎児指導医・専門医、名古屋大学医学部臨床准教授
第二産婦人科部長
総合周産期母子医療
センター長(兼)

加藤 紀子
昭和62年 産婦人科一般、周産期医療、女性のヘルスケア 医学博士、日本産科婦人科学会指導医・専門医、母体保護法指定医、日本周産期新生児医学会母体・胎児指導医・専門医、新生児蘇生法「専門」コースインストラクター、臨床遺伝専門医、日本女性医学学会認定女性ヘルスケア指導医・専門医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本医師会認定産業医、名古屋大学医学部臨床講師、日本母体救命システム普及協議会ベーシックコースインストラクター
役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
第一産婦人科副部長
茶谷 順也
平成10年 産婦人科一般 日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医
第二産婦人科副部長
林 和正
平成12年 産婦人科一般 日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医
医 師
丸山 万理子
平成23年 産婦人科一般 日本産科婦人科学会専門医
医 師
波々伯部 隆紀
平成24年 産婦人科一般 日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター、J-CIMELSインストラクター
医 師
伊藤 聡
平成24年 産婦人科一般 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
医 師
中島 友記子
平成26年 産婦人科一般
医 師
小川 舞
平成26年 産婦人科一般
医 師
鈴木 美帆
平成26年 産婦人科一般
医 師
白石 佳孝
平成27年 産婦人科一般
医 師
服部 渉
平成27年 産婦人科一般
常勤嘱託医師(専攻医)
嶋谷 拓真
平成27年
常勤嘱託医師(専攻医)
河井 啓一郎
平成28年
常勤嘱託医師(専攻医)
梶 健太郎
平成29年

産婦人科をもっと知る

sanfujinkawomottosiru-01sanfujinkawomottosiru-02sanfujinkawomottosiru-03

sanfujinkawomottosiru-04sanfujinkawomottosiru-05sanfujinkawomottosiru-06

sanfujinkawomottosiru-07sankanikkisyussannokibou

 

地域の先生方へ

やごと周産期ネットワークにご協力ください。平成25年12月よりセミオープンシステム(検診は地域施設、分娩は当院)にベッド連携を加えた新しいシステムを地域35施設と連携して運営しています。当院へ連携施設以外からご紹介を受けた妊婦さんも、やごと周産期ネットワークに参加していただいています。平成27年には当院分娩数の46%の妊婦さんを、当院と地域の先生方との間で共同診療を行っています。是非連携施設となって、当院と共同管理をしようと思う妊婦さんをご紹介ください。