総合内科

総合内科のご紹介

◇外来で対応する症候は、原因不明の発熱(古典的不明熱)、浮腫、体重減少、貧血、リンパ節腫脹などです。外来では研修医教育のための教育外来を行っております。

◇一部の大学病院の総合診療科のように、どんな症状であれひとまずは診察をして、どこかの専門診療科に振り分けるという役割はしておりません。

◇当院での健康診断は、ベルギー王国入国ビザ申請用の健康診断のみ行っております。

◇入院診療では、不明熱(古典的不明熱)、尿路感染症(単純性)、伝染性単核球症、その他複雑な病態などに対応しています。

◇2022年7月より、リウマチ・膠原病診療は行っておりません。

当科が対応する患者さんの主な症状
当科の主な診療内容

医師紹介

顔写真 役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
総合内科部長
横江 正道
平成8年 内科、総合診療 日本内科学会専門医・認定医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本プライマリケア連合学会認定医、日本病院総合診療医学会病院総合診療医、日本腹部救急医学会評議員
役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
総合内科副部長
吉見 祐輔
平成18年 内科、総合診療 日本内科学会認定医・専門医、日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
医 師
末松 篤樹
平成21年 内科、総合診療、感染症 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、愛知県難病指定医
常勤嘱託医師
安野 史人
平成27年 内科、総合診療 日本内科学会認定内科医

総合内科をもっと知る

sougounaikawomottosiru-01 sougounaikawomottosiru-02 sougounaikawomottosiru-03

地域の先生方へ

我が国の急速な高齢化社会の進行とともにあるひとつの臓器に問題がある場合よりも、いくつもの病気を抱えている患者さんが増えてきており、総合診療や総合内科のニーズは年々高まってきております。発熱の患者さんのご紹介に関しては、適切な抗菌薬使用を進めるうえでご紹介後の診療に活かしていきたいと思いますので、ぜひとも血液培養を採取していただくことを切に願います。ご紹介にあたっては、当科の診療内容を適切にご理解いただき、患者さんにお伝えいただけると幸いです。