糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科のご紹介

東海地方の内分泌代謝疾患診療における中核病院の一つであり、糖尿病等の代謝疾患から下垂体、甲状腺、副腎、膵、副甲状腺等の内分泌疾患まで幅広い疾患の診療を行っています。糖尿病については各職種からなる糖尿病教室スタッフを中心に患者教育を行い、教育入院の他、院外に開放された糖尿病教室、「糖尿病の集い」等、地域への啓発にも貢献しています。治療は内服薬に加えGLP1製剤治療、ポンプによるCSIIにも力をいれており、持続血糖測定(CGMS)も積極的に利用しています。また移植外科において膵移植も可能です。内分泌疾患に対しては各種負荷試験の他CT、MR、各種シンチグラム、甲状腺エコー、穿刺吸引細胞診に加え放射線科との協力により副腎静脈サンプリング、膵SASI等による各種ホルモン産生腫瘍の部位診断、また外来での131Iを用いたバセドウ病に対する内照射療法、甲状腺癌に対するアブレーションも可能です。

医師紹介

役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
糖尿病・内分泌内科副部長
東 慶成
平成18年 内分泌、糖尿病、甲状腺 医学博士、日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本内分泌学会専門医・内分泌代謝科指導医、日本甲状腺学会専門医、日本糖尿病学会専門医・研修指導医
医 長
大曽根 親文
平成20年 内分泌、糖尿病 医学博士、日本内科学会専門医
医 師
岡﨑 美香子
平成25年 内分泌内科、糖尿病 日本内科学会認定内科医・JMECC修了、日本救急医学会認定ICLSコース、日本甲状腺学会専門医
医 師
大原 恵未
平成27年 内分泌、糖尿病 日本内科学会認定内科医
医 師
布施 裟智穂
平成28年 内分泌、糖尿病
医長(健診部兼務)
佐藤 哲彦
平成3年 糖尿病・内分泌代謝、腎臓・腎不全、膵移植・腎移植、透析アクセス 医学博士、日本内科学会総合内科専門医・認定医、日本糖尿病学会研修指導医・専門医、日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)専門医、日本甲状腺学会専門医、日本腎臓学会認定指導医・腎臓専門医、日本透析医学会指導医・透析専門医、日本骨粗鬆症学会認定医、日本移植学会移植認定医、日本医師会認定産業医、名古屋市小児慢性特定疾病指定医

tounyoubyounaibunpitugekawomottosiru-01

地域の先生方へ

いつも当科の診療にご協力いただき深く感謝しております。厚労省の2012年の統計でも「糖尿病が強く疑われる人」の数はまだ増え続けています。この増え続ける患者さんのすべてに適切な治療を提供するには地域の先生方の御協力が不可欠です。糖尿病地域連携パスも含めますます先生方との連携を深めていきたいと考えております。また内分泌疾患に関しては、自分で内分泌疾患に気づく患者さんはほとんどおらず、先生方の日常診療の中で見つけていただく事が大部分です。少しでも気になる事がありましたら気軽にご相談ください。