抗HLA抗体検査保険収載に関する届け出について

抗HLA抗体(スクリーニング検査)及び抗HLA抗体(抗体特異性同定検査)の測定に関する施設基準および精度管理保証について

平成30年4月1日から抗HLA抗体(スクリーニング検査)及び抗HLA抗体(抗体特異性同定検査)の測定が全ての臓器移植後において保険収載となります。

参考:日本移植学会ホームページ

 

当院は以下の施設基準を全て満たしています。

ア.区分番号「B001」の「25」移植後患者指導管理科(臓器移植後の場合に限る)に関する施設基準の届出を行っております。

イ.関係学会による指針を遵守し検査を実施しています。

 

「イ.関係学会による指針の遵守」について

当組織適合検査室は、日本組織適合性学会QCWS参考プロトコルに基づいて検査を実施し、毎年開催されるQCWS(精度管理)、QCワークショップ集会(解析報告会)に参加しています。これらを証明する書類を以下に添付します。

 

QCWS評価表(PDF)

QCWS集会参加証明書(PDF)