麻酔・集中治療部

ペインクリニック Pain clinic


ペインクリニックについて

ペインクリニックは外来診療を中心に活動しています。 対象疾患は帯状疱疹関連痛、複合性局所疼痛症候群などの難治性疼痛患者が中心で、腰下肢痛、頚椎症による頚肩腕部痛、片頭痛、緊張型頭痛などの頭痛、三叉神経痛、バージャー病や閉塞性動脈硬化症などの末梢血行障害による痛みなど様々です。 当科で行っている神経ブロックは硬膜外ブロック以外ほとんどすべてのブロックを超音波ガイド下またはX線透視下に行っています。主な神経ブロックは星状神経節ブロック、硬膜外ブロック、神経根ブロックをはじめ三叉神経末梢枝ブロック、頚神経叢ブロック、腕神経叢ブロック、肋間神経ブロック、大腿神経ブロック、坐骨神経ブロックなどです。最近は整形外科と協力し頸椎ヘルニア、頚椎症性神経根症に対し頸部神経根ブロックを積極的に行っています。さらに最近話題のハイドロリリースも積極的に行っております。 薬物療法も難治性疼痛、慢性疼痛に対しては神経障害性疼痛薬物療法ガイドラインに沿った形で対応しています。 麻薬も状況によっては使用していますが、ガイドラインの流れに沿い使用期間は可及的短期間としています。 今後は学際的痛みセンターの各大学病院とも連携を取り、より良い診療につなげていくよう心がけています。

 

緩和ケア

当院は救命救急センターを有し愛知県の地域がん診療連携拠点病院という立場です。したがって患者さんは手術や化学療法など抗がん治療を行っている方や抗がん治療を中止としてBSCとなった方など様々です。 麻酔科はその中、当院の緩和ケアチームの中で中心的な役割を担っています。疼痛管理はもちろん、呼吸困難や悪心嘔吐などの身体症状、不安・うつ、せん妄などの精神症状のコントロールも行っています。 がんの痛みを管理する上で最も重要なことは痛みのアセスメントです。内臓痛、体性痛、神経障害性疼痛などの痛みを問診を中心に評価します。さらに画像で確認しながら、痛みを正確なアセスメントにつなげ適切な対応を考えていきます。 がんの痛み治療というとやはり麻薬など薬物療法が中心となります。一般的な薬剤に加えて、オピオイド鎮痛薬を使用して痛みを軽減させます。患者さんの生活スタイルや病状に合った薬剤の選択、投与量の調節、副作用の吐き気や便秘に対する治療も行っています。 また「副作用が強くて麻薬性の鎮痛薬が十分に投与できない」、「これ以上麻薬の量を増やしたくない」、「どうしても麻薬性の鎮痛薬を使いたくない」という場合は、麻酔科・ペインクリニックの技術を応用し、神経ブロックや脊髄鎮痛法も行っています。 神経ブロック療法(神経破壊)は「神経破壊」により痛みを感じている神経をマヒさせることで過剰な痛みの刺激を感じないようにすることができます。神経ブロックには、内臓の痛みに適応となる腹腔神経叢ブロック、上腸間膜動脈神経叢ブロック、下腸間膜動脈神経叢ブロック、上下副神経叢ブロックが、肛門部の痛みに適応となるフェノールサドルブロック、肋骨部の痛みに適応となる肋間神経ブロックを行っています。 脊髄鎮痛法は脊髄の近くにカテーテルを入れ、直接鎮痛薬を投与する方法です。内服に必要な量の何十分の一のモルヒネで効果を発揮するため副作用が激減します。硬膜外鎮痛法と脊髄くも膜下鎮痛法がありますが、内服や貼付薬で痛みが取れない場合や神経ブロックの適応にならない場合に選択しています。当科ではポートシステムを使用し体内に埋め込む手術も行っています。