当院で治療を受けられる患者さんへ

当院で治療を受けられる患者さんへ

新型コロナウイルスに関するお知らせ

当院は感染症指定医療機関として陰圧室を備え、適切な管理の下に新型コロナウイルスに感染した患者さんの治療も行っております。一方で、過日病棟に入院しておられた患者さんから入院後に新型コロナウイルスが検出される出来事がありました。
現在は当該病棟の消毒を完了し病棟を再開するとともに、濃厚接触のあった患者さんについては2週間の健康観察期間、職員については2週間の自宅待機期間の後にPCR検査陰性を確認し、それぞれ健康観察終了、職場復帰といたしました。
新型コロナウイルスに感染すると、特に免疫力の低下している患者さん、糖尿病のある患者さん、高血圧症のある患者さん、透析患者さん、ご高齢の患者さんなどでは症状が重篤化し、生命に危険が及ぶことがあり得ると考えられますが、 当院では上記のような感染管理を実施して感染の蔓延を防いでおりますので、職員を介して別の患者さんに感染が広がる可能性は低いと考え、入院診療・外来診療ともに一部を除いて通常の診療を継続しています。

今後も新型コロナウイルスの院内感染防止のために適切な対応に努めてまいりますが、これから当院に入院される患者さんにおかれましては、予定されております手術・検査・治療の実施につきまして延期や中止のご希望がございましたら遠慮なく主治医にご相談ください。
また、ご入院までの間は健康管理のため、混雑した場所を避け手洗い等に努めてください。

新型コロナウイルスに関する院内の情報につきましては、逐次当院のホームページに掲載いたしますのでご確認ください。

令和2年4月14日
名古屋第二赤十字病院