FFR-CTを導入しました

FFR-CTを愛知県で初めて保険償還にて導入しました

狭窄での著しい血流低下が図により明瞭にしめされている。

昨年改定された日本循環器学会の血行再建ガイドラインには血行再建の原則の第一として虚血が証明された病変である事が明記されました。今までの冠動脈CTや冠動脈造影では解剖学的な形や見た目の狭窄度の把握はできますが、虚血の評価にはその他の検査(負荷心筋シンチや冠動脈造影時の血流予備能(FFR)測定)が必要でした。

今回、FFR-CTを導入することにより、今まで負荷心筋シンチや冠動脈CT単独では困難であった解剖学と冠動脈機能(虚血)の両者を一つの検査で評価する事が可能となります。FFR-CTはまず冠動脈CTから3Dモデルを構築し、心筋の潅流領域と血液の液体特性を考慮した数値流体力学を使用することでそれぞれの血管へのFFRが求められます(Figure)。実際的な活用法としては血行再建を行う患者さんを拾い上げるというよりは侵襲的な冠動脈造影を減らせるのがメリットと考えておりますが、この新しい技術を生かして患者さんに最大限のメリットが提供できるような診療を心掛けていきます。

対象患者さんをぜひご紹介ください。保険適応となります(約9,850点)