東海3県初!JCIの認証を取得しました

名古屋第二赤十字病院は、2018年3月3日付で、医療の質と安全において国際標準を満 たすことを示す国際的認証機関JCI(Joint Commission International)の認証を 取得しました。 JCIは、患者さんの安全と高水準の医療が保たれているか、さらに継続的な改善活動が行われているかを、国際基準で評価するものです。

 

当院は2月26日~3月2日の5日間にわたり、4名の外国人審査員による実地審査を受け、国内の医療機関では25番目(病院では22番目)となる「認証」を取得しました。今後も改善活動を継続し、国際水準の医療提供と安全性の更なる向上へ向けて、引き続き取り組んでまいります。

 

■JCIとは

JCI(Joint Commission International)は、アメリカの医療分野における第三者評価機関「The Joint Commission」の国際部門として1994年に設立された非営利組織です。「患者安全」と「医療の質向上」を継続的に促進する組織を醸成することを目的としています。JCI認証は、全世界で1029施設、日本国内で25施設が取得している、医療機能評価の国際基準です(2018年3月12日現在)。