改正健康増進法の施行を受け、当院では職員の就業時間内禁煙をすすめています。

2019年7月1日付で健康増進法の一部を改正する法律が、学校・病院・児童福祉施設等・行政機関で
施行され、2020年4月1日には全面施行されます。
これにより、望まない受動喫煙を防止するための取り組みは、マナーからルールへと変わります。

改正の基本的な考え方
1. 望まない受動喫煙をなくす
2. 受動喫煙による健康影響が大きい子ども、患者等に特に配慮
3. 施設の類型・場所ごとに対策を実施

受動喫煙(二次喫煙)とは
喫煙による呼出煙(喫煙者が吐き出した煙)や副流煙(たばこの先から出る煙)に含まれる有害物質を、
自分の意思とは関係なく吸い込んでしまうこと。間接喫煙ともいう。

残留受動喫煙(三次喫煙)とは
たばこ煙の成分が壁やカーテンや衣服などにしみ込み、煙が消えた後でも有害物質を放出し続け、
それを吸入すること。衣類や髪の毛に付着したタバコの臭いや呼気にも注意が必要です。

当院では、残留受動喫煙防止のため、職員の勤務時間内禁煙をすすめています。