看護部

看護部について

看護部長からのメッセージ

 副院長兼看護部長 伊藤 明子

患者さんとご家族との一期一会を大切に多職種で協働し、
患者さんも職員も笑顔になれる病院・看護部を目指して

一期一会の看護を大切に
名古屋第二赤十字病院は、高度急性期医療を担う地域支援病院として救急医療・高度医療・がん医療を提供しています。当院の入院患者の半数は救急入院で、平均在院日数は約11日と短期間です。
しかし高度急性期医療であるからこそ、私たち看護職は、医療チームの一員として患者さんの命を守り、ご家族の想いに寄り添い、看護の手を差し伸べることが求められています。そして私たち医療従事者は、患者さんやそのご家族の人生の「いちページ」に関わらせていただいています。その「いちページ」は二度と同じものはなく、その瞬間、瞬間、そしてその時をともに過ごす人と人により創り語られると思います。その想いから看護部のモットーを「一期一会の看護を大切に」としました。

人道の原則:あらゆる状況下において人間の苦痛を予防し軽減すること、
いのちと健康を守り、人間の尊厳を確保すること
これは赤十字の基本原則の「人道の原則」です。あらゆる状況下とは、目の前にいる人がおかれている状況下において、つまり日々の医療活動を行う状況(平時)はもとより、国内外での災害時、あるいは国際救援での紛争時の状況もさします。
私たち医療従事者は毎日の治療・看護や国内外の災害救援の中で、この原則を実践する努力をしています。「人間の尊厳を確保する」、この尊厳には患者さんやご家族のことは当然ですが、一緒に働く職員の尊厳に対しても重要なことであると思います。患者さん・ご家族そして同僚を「慮る」こと、それが人間の尊厳の第一歩であると考えています。

看護部の理念
看護部職員として倫理を守り、患者さんに信頼される看護を行います
思いやりとあたたかみのある看護を行ない、看護の質向上に努めます
人と人のふれあいを大切にし、患者さん中心の看護を実践します

看護部のビジョン
患者・家族が安心して生活できる地域医療・看護の担い手となる
看護の専門性を高め、社会に貢献できる
赤十字精神に基づき、赤十字活動の推進者になる

看護部の目標:基本方針
質の高い専門的看護の提供
働きやすい・働き続けたい労働環境づくり
医療環境の変化をふまえた高度急性期病院の役割遂行と看護の提供

当院のアピールポイント

看護スタッフの出身学校が多岐にわたっています
当院は付属の看護学校を持っていません。そのため、全看護スタッフのうち、赤十字の看護学校出身者の比率は10%前後です。あとは、全国のいろいろな大学、看護専門学校、高校専攻科などの卒業生で占めています。私どもは、全国のあらゆる看護学校の卒業生をお待ちしています。

若いスタッフが多く 明るく自由な雰囲気です
職場は若い看護スタッフが多く、とても明るく自由な雰囲気です。出身学校が多岐にわたっていることも、その要因のひとつと言えるでしょう。また、チーム医療重視の方針のもと、医師、医療技術職員、看護師などの職種間に、自由に意見を交わせる風土があります。看護師が医師に自分の考えをきちんと言えること、これは、医療安全の面からもたいへん重要なことだと思います。

地下鉄「八事日赤」の駅と直結しています
平成16年10月、全国で初めての地下鉄環状線(名城線)が開通し、「八事日赤」駅ができました。エレベーターを上がるともう病院の敷地内ですから、通勤にもたいへん便利です。この環状線は名古屋の中心部を通り、一周48分で市内をほぼカバーしています。名古屋駅まで27分、名古屋一の繁華街、栄にも22分で行けます。名古屋ドーム駅へは12分、瑞穂運動場東駅へは6分で行くことができ、日勤後のプロ野球観戦やJリーグ観戦も楽しめます。

4大学が近接する文教地区にあり、緑の多い静かな環境です
病院の周辺には、名古屋大学、南山大学、中京大学、名城大学の4大学があり、華やいだ学生の街といった雰囲気です。そのため、病院前の山手通り(山手グリーン・ロード)には、おしゃれな店がいっぱいあります。また、緑もとても多く、心が癒される静かな環境にあります。

看護師寮のご案内 

病院から歩いて5~6分の距離に、ワンルーム・マンション形式の看護師寮を6棟(257室)持っています。完全個室ですので、プライバシーはしっかり守られます。自己負担も、15,400円~20,750円/月とお値打ちです。病院から近いメリットは、何といっても出勤時にゆったりできることでしょう。なお、ご自身でマンション等を借りられる方でも、月額最高28,500円まで借家手当を支給いたします(契約者が本人であることが条件です)。

enpounokatamoansinwanrumumanshon-01 enpounokatamoansinwanrumumanshon-02 enpounokatamoansinwanrumumanshon-03 enpounokatamoansinwanrumumanshon-04