ご来院の皆さま

外来

在宅医療廃棄物について

在宅医療廃棄物の種類と廃棄方法

在宅医療廃棄物は、以下のとおり当院にて廃棄することができます。
廃棄方法を守り、廃棄していただくようお願いいたします。

種類 廃棄方 廃棄場所
針・注射器 使用後は、蓋付きで密閉出来る堅牢な容器にいれてください。 外来時に病院へ持参してください。
(1病棟1階下りエスカレーターに廃棄箱があります)
輸液ライン 針部とライン部を別々に入れてください。 名古屋市の可燃指定袋に入れて不燃ごみとして出してください。
カテーテル 膀胱留置カテーテルは液漏れしないようにしてください。 外来時に病院へ持参してください。
(1病棟1階下りエスカレーターに廃棄箱があります)
自己導尿・気管吸引チューブ等は液漏しないようにしてください。 名古屋市の可燃指定袋に入れて可燃ごみとして出してください。
プラスチックバック類
(点滴バック) (CAPDバック)
(ストマー袋)
パック内の液を捨てて空にしてください。 名古屋市の可燃指定袋に入れて可燃ごみとして出してください。
その他 ガーゼ・脱脂綿等は密閉してください。 名古屋市の可燃指定袋に入れて可燃ごみ として出してください。

※その他分別廃棄に関する事は日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院管財二課までお問い合わせください。
※名古屋市以外の方は在住の市町村の廃棄物担当課にお問い合わせください。