薬剤部

教育

当院薬剤部では、新人教育はもとより、様々な勉強会を開催し、薬剤師の継続的な教育を行っています。また、各種専門・認定薬剤師を中心に専門分野のグループ勉強会も運営されており、互いに切磋琢磨して知識を向上しています。

新人教育プログラム

薬剤師法第一条に規定される「薬剤師の任務」は新人薬剤師といっても厳守する義務があります。
少しでも早く環境に順応し、そして「薬剤師の任務」を遂行できる薬剤師に成長するために各課・各薬剤師が協力して研修を行います。
また、プリセプター制度を導入し、業務以外のことでも相談しやすい環境が整っています。

各課研修:4月~9月頃

当直業務開始までに必要な基本的能力を身につけるため、各課が作成したチェックリストや問題集に沿って研修を実施します。また、先輩薬剤師の元で実際に当直業務を研修する期間も設けられています。

患者指導・病棟研修:7月~8月頃

・外来での患者指導(インスリン、吸入薬、オピオイド等)に必要な基礎知識を先輩薬剤師と共にグループで学び、模擬患者を用いて指導の練習を行います。
・病棟業務に必要な知識、行動を身につけるため、上級薬剤師について病棟研修を行います。
ここでは電子カルテ(検査値、経過表、注射指示、処方指示など)の活用法や、薬剤管理指導記事入力、定数配置薬の管理などを学びます。

病棟配属後

病棟業務をチーム制で実施しており、指導内容や個々の症例の疑問についても上級薬剤師に相談しながら業務を行うことができます。

継続的に学べる環境

定期的にプレアボイド報告会やDIカンファレンスを開催し、薬剤師全体の知識と意識の向上を図っています。その他、医薬品に関するセミナーや他職種勉強会なども、病院薬剤師としての知識を広げるためのいい機会となっています。

プレアボイド報告会:週1回

プレアボイドは、日本病院薬剤師会が提唱し収集している薬学的患者ケアの実践であり、実践結果に基づく成果報告の呼称です。薬学的患者ケアを通じて、有効で安全な薬物療法を推進するため、各薬剤師のプレアボイド事例を発表形式で行い、情報を共有すると共に今後の業務に活かしています。

薬剤セミナー:不定期

新規採用薬剤や適応追加薬剤について、製薬会社からの情報提供を受ける機会を設けています。

DIカンファレンス:月2回開催

DI担当者から副作用情報の解説、情報収集方法等のミニレクチャーを開催しています。

専門薬剤師による勉強会

癌、糖尿病、抗菌薬、緩和、NST、妊婦・授乳婦等の専門・認定薬剤師によるレクチャーを行い、専門的な知識を習得するよい機会となっています。

研修会や学会への参加

資格取得に必要な研修や学会発表のサポートを充実させ、やりたいことにチャレンジする環境が整っています。また、当院において全国の赤十字病院の薬剤師が参加する日赤臨床薬学研修会を毎年開催しており、講演や討論会に参加することができます。