病棟業務

病棟業務の概要

当院では全病棟に薬剤師を配置しており、チーム制で病棟を担当します。1病棟に複数人の専任薬剤師が登録されており、相談・連携しながら業務を行うことができます。
病棟では入院患者さんに対して適切な薬物療法を提供できるように、薬剤管理指導業務や病棟配置薬の管理等を行います。入院時には今まで使用していた医療用医薬品(持参薬)や市販薬・健康食品、アレルギー・副作用歴などを確認し、入院中に使用する薬剤の用法用量、服薬意義や副作用症状について説明を行います。治療開始後には最適な処方設計のために薬効の評価と、副作用の防止・重篤化の回避のために副作用モニタリングを行います。他にも医師への処方提案、スタッフへの情報提供、カンファレンスや回診への参加など幅広い業務を行い、他職種と連携しながら医薬品の適正使用を推進しています。
薬剤師が病棟業務を行い、チーム医療に関わることで医療の質の向上と安全性の確保に貢献しています。