薬剤部

理念・部長メッセージ

理念

薬剤部は日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院の理念に基づき、患者さんを中心とした医療の質の向上に向けた医薬品の安全管理と適正使用に努めます。

部長メッセージ

当院は、救急医療、高度医療、がん医療そして災害医療を中心とした地域の中核病院です。また、医療の質と安全について国際基準を目指すため、2018年に国際的な病院機能評価であるJCI(Joint Commission International)の認証を受け、2021年1月に認証更新しました。当院のホスピタルミッションのひとつである「医療の質と安全とサービスでトップレベルの病院」を目指す上で重要な評価であり、患者さんの安心・安全を最優先に考え、医療の質の向上を目指していきます。
さて、薬剤師の業務は、「対物業務」から「対人業務」へと変化が加速しています。2019年4月2日、厚生労働省通知「調剤業務のあり方について」では、薬剤師の管理下であれば、非薬剤師(テクニシャン)が包装された錠剤を調剤できるとしています。同年12月に公布された医薬品医療機器等法(薬機法)改正では、保険薬局に対し、調剤業務を中心とした「対物業務」から、服薬指導や薬物療法への関与など「対人業務」の充実化が求められ、2020年9月に施行されました。病院薬剤師にも、病棟業務の充実化に加え、地域の医療機関や薬局との連携強化が求められています。さらに、医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフト/シェアリングの推進について議論が進められています。これは、医師等との協働により作成した包括的指示に基づいた投薬の実施や持参薬の継続提案など、現行法の下で可能な業務を薬剤師が主体的に行えるというものです。国の政策からみても、モノからヒトへ、薬剤師の「質」の向上をはっきり求めています。
もう一つはAIの発展です。コロナ禍によりデジタル化が急速に進んでいます。当院の今年のテーマは「古きにとらわれず医療イノベーション」とされ、医療のデジタル化が積極的に進められていきます。薬剤師の領域においても、すでに錠剤調剤ロボットや抗がん剤調製ロボットが開発され、遠くない将来、調剤業務はAIロボットあるいはテクニシャンが行い、多くの薬剤師が病棟業務を中心とした対人業務を行っていると想像します。
当薬剤部は、積極的な病棟薬剤業務を展開し、別項で紹介する各分野の専門・認定薬剤師が、組織横断的なチーム医療の中核を担う役割を果たしています。日本医療薬学会が認定する医療薬学専門薬剤師、がん専門薬剤師等が在籍し、薬物療法専門薬剤師研修認定施設であり、スキルアップを目指す薬剤師を支援する環境も整っています。また、医療安全推進活動や手術室、外来診療部等での医薬品管理、先端の医薬品物流管理システムを活用した適正な在庫管理等、薬剤師が率先的に牽引する場面が数多くあります。その他、国際救援医療や災害医療において薬剤師が活動していることも当院の特徴でしょう。
最後に、デジタル化が進むといっても、医療には人の温かみが必要です。AIを駆使して業務を効率化したとしても結局は人です。働き方や考え方を変え、能率よく働きながら休むときは休む。スタッフが最大のパフォーマンスを発揮できる環境を整え、高い生産性と付加価値を生み出す働き方を進めていきたいと考えています。