臨床検査科

臨床検査科

Manager’s eye

病理検査課長 瀬古周子

誇り高きマイスターの仕事

病理検査の仕事は一見、地味な作業です。生検材料や、手術で摘出された臓器を、切り出し、容器に詰め、自動包埋機にセットし、翌日、パラフィンで包埋し、ミクロトームで薄切し(うすぎりではありません。ハクセツです)、スライドガラスに貼付し、各種の染色を駆使し、プレパラート(標本)を作製する。
1㎜にも満たない、小さな生検材料は、特に気を遣います。なぜなら、この小さな組織を取るのにも、患者さんは大きな痛みを伴っているからです。「取り直し」なんて、おいそれとは言えません。技師は、小さな組織を失くさないよう、濾紙に包んだり、スポンジで挟んだり、色をつけたり、細心の心配りを欠かしません。パラフィン包埋の時も、ピンセットの先にくっついた小さな組織片を、器用にパラフィンの中に埋めていきます。薄切の時に、組織が失くなってしまわないよう、大小ある組織片を、深さを考えながら埋めていきます。
ミクロトームでの薄切作業の際には、厚さ数ミクロンの切片が、エアコンの風に吹かれて、飛んで行ってしまうこともしばしば。薄くスライスされた切片を、割りばしの先にくっつけて、そっと水槽に浮かべます。最近では自動薄切装置なども開発されてはいますが、小さな生検材料は、機械では薄切することができません。技師が丁寧に面出しして、1㎜単位の組織も失くさず薄切できるのです。
切片に色をつける工程の染色は、技師の腕のみせどころ。特に、絶妙な色のコントラストで染め分けされた特殊染色の標本は、本当に美しいです。
どんなに高名な病理医でも、標本の出来が悪ければ、正しい診断をすることができません。病理技師は、病気の診断を左右する重要な責任を担っているのです。
地味で細かい作業の連続ではありますが、どの過程においても、病理技師は手を抜けません。病理医が正しく診断できるよう、神経を使い、技術を駆使するマイスター(職人)の集団なのです。
病理技師は病理医とともに働いています。私は、病理技師は病理医の片腕として、信頼関係を築けなくてはいけないと思っています。しかし、医師から信頼を得るのは、なかなか簡単なことではありません。病理医の期待を裏切らず、要望に応えつつ、こつこつと関係を築いていくしかありません。病理技師として十分な知識や技術を持っていなければなりません。病理医から、標本作製についての意見を求められることもありますから、自分の意思、信念を持って、意見できる技師でなくてはいけません。
常に新しい情報にもアンテナを張っていなくてはいけません。これからはがんゲノム医療の時代、最新の治験や、遺伝子検査の知識も必要です。
私は、これから臨床検査技師として働く方々には、病理検査の面白さ、奥の深さを理解していただきたいと思っています。地味な作業も多いですが、病理技師として、診断に直接、関わっているということに責任とやりがいを感じることができます。
自分の仕事に誇りを持った「マイスター」をめざしていただきたいと思います。

生体検査課長 近藤規明

管理者として心がけていること ~未来へ繋ぐ~

管理職(臨床検査科の課長として)の役割は、会社(病院)の目標に対して、組織(臨床検査科)のパフォーマンスを最大限に引き出し、達成することにあります。
そのため我々は日々の研鑽を欠かすことはできせません。

[能力を磨く]
知的労働の現場において我々に求められるのは以下に示す5つの能力だといわれています。
1.基礎的能力(知的集中力と知的持続力)
2.学歴的能力(論理的思考力と知識の習得力)
3.職業的能力(直観的判断力と知恵の体得力)
4.対人的能力(コミュニケーション力とホスピタリティ力)
5.組織的能力(マネジメント力とリーダーシップ力)
ここに挙げた能力のうち、「基礎的能力」や「学歴的能力」はAI時代の到来により、すでにAIが人間を代替しつつあります。したがってAIによって置き換わることができない「能力」を自分自身で磨いていかなければなりません。
「人間の心」や「顧客(患者)の心」を相手とした我々の仕事は、AI革命の時代にも淘汰されることのない能力、すなわち「職業的能力」「対人的能力」「組織的能力」が求められています。
中でも経験や体験を通じてしか掴むことができない「職業的能力」の「直観的判断力」は
スキルやノウハウ(技術)に加えてマインドやハート(心得・姿勢)を重視し、自分自身の「再教育」を行っていますが、今後組織内にも広く浸透していければと考えています。

[部下とのコミュニケーション]
1.関心を持って聴く
以前、部下に対して「好きなこと」や「取り組んでいること」を尋ねてみると、その部下は熱心に語り始めました。こうしたやりとりをきっかけに、その後の私とのコミュニケーションが活発になり、仕事のパフォーマンスも向上し、お互いが「いい距離感」となり、現場の抱える問題点や若い世代の指導法に関しても積極的に意見を言ってくれるようになりました。
また、役職者の業務にも少なからず関心を持つようになり、以前は全く興味を示さなかったマネジメントに関しても前向きな発言に変わってきました。
何気ない会話が部下の成長に繋がる“きっかけ”となるのではないでしょうか。
2.アクノレッジメント(承認)する
部下の取り組みに対して、進捗や変化、成果などを相手に伝えることを心がけています。
「自己成長感」は人の意欲や自発性を促すエネルギー源になり得るとされており、目標に向かって確実に進んでいる、進歩していることを相手に伝える「フィードバック」を重視しています。
また、アクノレッジメントとは異なりますが、「良い仕事」をした時は素直に「褒める」ことも相手の意欲をかき立てるには有効な方法と考えます。

“未来へ繋ぐ”
夢や志を語りながら人間関係力を磨き、そこに仲間が集い、組織力を向上させ、一体感のある集団、そんな組織づくりを目指しています。

微生物遺伝子検査課長 加藤敏治

時代が変わっても変わらないこと ~今の時世だからこそ大事にしたいこと~

管理職に求められる素養や能力は時代とともに変化しており、ますます高度な能力が求められるようになっていると感じます。求められる能力が変化していく中でも私が信念として大事にしていることは人への気遣い」です。出勤してきた部下の様子がいつもと違うなと感じたら「大丈夫?」と必ず声をかけるようにしています。部下だけでなく、検査室業務を支えてくれている事務スタッフ、清掃委託業者、外部委託業者の方々にも、何もなくてもできるだけ声をかけるようにしています。声をかけてみると、業務に関することだけでなく、趣味、家族のこと、悩み事、思いもよらぬ話が聞けることもあり、そこからさらに会話が広がることもあります。日常の声かけによってコミュニケーションがとりやすい関係を築いておくことが、仕事に活かされることを今まで多く経験しました。
元来、部下にとって上司は話しかけづらい存在だと思います。イスに座って待っているだけでは、部下の声はほとんど聞こえてこないでしょう。上司から声をかけていくことで初めて心理的に安全な上司に近づくことができるのではと考えています。

コロナ禍の影響があるのか、昨今、人はますます不寛容になったような気がします。他者批判や自己中心的な言動を見聞きすることも少なくありません。このような時代だからこそ、「人への気遣い」がこれまで以上に大事であると感じています。

微生物遺伝子検査課は新型コロナウイルスのPCR検査を担う部門であり、コロナ禍でスタッフの
肉体的・精神的負担は、これまで以上に増しています。そうした環境下で部下の負担が少しでも減り、チームのパフォーマンスを高めるためにも、私の信念である「人への気遣い」を忘れず、心理的に安全な上司であり続けたいと考えています。

成分分析課 血液検査係長 黒木聖久

スタッフが働きやすい環境・雰囲気を作り出す

係長は管理職としての職務遂行能力に加えて、専門家としての知識や技術が求められるポジションです。まして私は、50代の時に長い間配属されていたHLA検査から血液検査に異動になり知識や技術が浅いために自らも勉強する毎日です。そういったポジションにある私が大事にしていることは「スタッフが働きやすい環境・雰囲気づくり」です。私が管轄する血液検査係は、私を含めて5名のスタッフがいますが、私以外は全員が20代と30代であり、非常に若い職場です。彼らは学会や勉強会にも積極的に参加し、認定資格を取得するなど自己研鑽にも励んでいます。そういった職場環境において働きやすい環境・雰囲気を維持するために、「専門的知識の積極的な活用」、「権限移譲による係運営への参加」を意識しています。前者については認定資格を取得した技師に専門的知識を活用してもらうため、血液内科をはじめとする臨床医とのディスカッションに出来るだけ参加できるよう配慮しています。また、後者については、権限移譲できる業務については、どんどん若手スタッフに協力してもらい、係の運営に自分自身も貢献しているという気持ちをもってもらうようにしています。業務を任せることで私自身が考えもつかなかったような素晴らしい提案をしてくれることも少なくありません。質の担保された結果を臨床に報告する上で機器の整備、日々の精度管理も大変重要ですが、職場で働くスタッフの心身の健康も重要な要素であると考えています。「毎日、出勤してくることが楽しい職場を提供する」が私の管理職としての大きな目標です。

血液検査係のスタッフは日常業務が多忙な中であっても、採血室が混雑していれば率先して応援に向かったり、業務改善の提案を挙げてくれたりと非常に前向きな姿勢をみせてくれています。こうした姿勢は彼ら自身の資質によるところが大いにあると感じていますが、スタッフが前向きな気持ちで働けるような職場環境を維持できるようサポートしていきたいと考えています。