新型コロナウイルス感染症の対応について

2020.04.24当院で里帰り分娩を希望される妊婦の皆さまへ

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を受けて、日本産科婦人科学会から妊婦の皆さまには急な帰省分娩を避け、現在お住まいの地域での出産をご考慮いただくようにメッセージが出されています。

◆すでに当地区へ帰省・転居されている方は、新型コロナウイルス感染防止のために極力外出を控え、手指衛生に努めるとともに、毎日の体温測定や血圧測定、健康状態の把握をしてください。

帰省転居されてから2週間、健康状態に変化がないことを確認した上でご来院くださいその間に同居されているご家族が体調不良となられた場合には、受診を延期していただくことがありますので下記までご連絡下さい。

◆予約変更の電話番号:052-832-1121*産婦人科外来にて承ります。
受付時間:平日15:00~16:00

2020.04.14【ご報告】当院における新型コロナウイルス感染者発生事案の現状について

これまでご報告してまいりました新型コロナウイルス感染症の院内発生事例につきましては、当院の患者さんや職員の安全を第一に考え、名古屋市保健所と連携を図りながら、懸命に感染拡大の防止に取り組んでまいりました。
3月19日以降、入院患者さん4人と職員2人の計6人の感染者が発生し、皆さまには多大なご不便とご心配をおかけいたしましたが、以下のような状況により本事案については一旦落ち着いたと考えております。

〇濃厚接触の疑いがあり自宅待機していた職員については、院内検査にて全員が陰性であることを確認し、職務復帰いたしました。
〇入退室を停止していた病棟については、院内検査にて入院患者さん全員の陰性を確認するとともに、当該病棟全体の消毒を行い入退室の停止を解除いたしました。
〇これらにより、当院の診療は救急外来の一部縮小などを除き、通常機能に戻すことができました。

この間、市内医療機関をはじめ、名古屋市保健所、名古屋市消防局などご支援・ご協力をいただきました皆さまには心より感謝申し上げます。今後も引き続き、患者さん・職員の安全を第一に考え、感染管理に努めるとともに、当院の使命、地域医療における役割を果たすべく、新型コロナウイルス感染症の治療に全力で取り組んでまいります。

なお、感染防止の一環として、以下の点については継続させていただきますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします
●入院患者さんへの面会禁止(病院が必要と認めた場合を除く)
●海外渡航歴と緊急事態宣言対象地域への訪問・移動歴の確認
●入館時の検温
●病院出入口の縮小制限
●来院時のマスクの着用、手指衛生の励行

今後も当院の新型コロナウイルス感染症対応状況につきましては、ホームページ及び院内掲示で随時お知らせいたします。

 

令和2年4月14日
名古屋第二赤十字病院
院長 佐藤公治

※当院における新型コロナウイルス感染症発生事案について

2020.04.13海外渡航歴等の確認のお願い

新型コロナウイルスの感染対策のため、すべての患者さんに2週間以内の海外渡航歴および緊急事態宣言地域への訪問・移動歴を確認させていただきます。
海外渡航歴および緊急事態宣言地域への訪問・移動歴のある方は、お近くのスタッフにお申し出ください。ご協力の程よろしくお願いいたします。

2020.02.21 新型コロナウイルスについて

当院は、感染症指定医療機関としての使命を果たすべく、行政から依頼があった際には、新型コロナウイルス感染症の患者さんの入院診療を行うことがあります。
このような患者さんを受け入れる場合には、外来患者さんや付き添いの方と接触することがないよう感染防止対策を行います。
また、入院治療は感染症病床の専用病室(陰圧室)で行いますので、他の入院患者さんに感染する心配はありませんのでご安心ください。

なお、新型コロナウイルス感染症を心配されて、ご相談や医療機関の受診を希望される方は、以下の相談窓口をご利用ください。
■愛知県保健医療局健康医務部健康対策課(感染症グループ)
受付時間 9:00 ~ 17:00(土日・祝日も実施)
電話番号 052-954-6272
■お住いの地域の保健所
※連絡先は地域により異なりますので詳細は愛知県のホームページよりご確認ください。
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenkotaisaku/novel-coronavirus.html#soudan