患者支援センター

患者支援センターについて

センター長挨拶

  センター長 田嶋 一喜

 

患者支援センターは患者さんに医療・保健・福祉を含めた包括的なサービスをきめ細かく提供するため、20167月に設置されました。医師、看護師(訪問看護認定看護師・緩和ケア認定看護師など)、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、栄養士など様々なスペシャリストが連携して対応いたします。
患者さんが初めて外来受診されるとき、入院されるとき、検査・手術を受けられるとき、退院をされるとき、地域の医療機関を利用されるときなど常に安心して医療を受けられるようにご支援いたします。病院1階正面玄関すぐ横にありますので是非ともお気軽に声をおかけ下さい。

 

患者支援センターとは

患者支援センターは、外来受診から入院、退院までの医療・療養を一貫してサポートする部門です。 医師・看護師・医療ソーシャルワーカー・薬剤師・管理栄養士などコメディカルと事務職員が協働して、地域医療機関・ 施設からの紹介患者さんに最適の医療を提供します。 患者の身体的・社会的・精神的側面を捉え、退院後を見据えた最適の医療を提供する、いわいるPFM(Patient Flow Management)の考え方に基づき、外来受診、入退院に関連する部門を統合しています。これにより、入院前から患 者さんの抱える諸問題に対して、早めの対処および支援を行っております。