総合周産期母子センター

総合周産期母子医療センター

総合周産期母子医療センター長 

加藤 紀子

当院は2009年に総合周産期母子医療センターとして県から指定を受け、現在MFICU(母体胎児集中治療室)6床、NICU・GCU(新生児治療室)35床を有し、24時間体制で出産前後のお母さんと赤ちゃんの治療にあたっています。センター開設以来、新生児科と治療方針を密に連携し、県内各地の病院から母体搬送を積極的に受け入れております。特に、母体救命にかかわる搬送はすべての受け入れを原則として、麻酔科や救急科、各診療科の協力のもと最適な治療を行っており、胎児を30分以内に娩出する超緊急帝王切開の体制も整えています。

外来部門では、切迫早産、妊娠高血圧症、胎児異常など合併した妊婦さんを対象としたハイリスク外来を設置し、丁寧できめ細かい診察やケアにより、より安全・安心な出産ができるように努めています。また、内科疾患など合併症をもつ妊婦さんも、妊婦健診時に、各診療科と共同しながら安定した状態で分娩に臨めるようにしています。
2013年から、やごと周産期ネットワークを開設し、近郊の産科施設と連携しながら妊婦健診を行っています。そのおかげで、重症の妊婦の紹介や母体搬送がより円滑になりました。

2017年からは、妊産婦の脳卒中による重症管理を円滑に行うために、「周産期脳卒中センター」も設置しました。妊産婦の脳卒中患者は全国で年約200名、死亡率は9%と高く、分娩前後の発症が多いと言われています。脳神経外科・脳神経内科など複数の診療科と連携しながら、救命および、後遺症が残ったりする母親が1人でも減らせるように、センターを立ち上げました。

医師、助産師、看護師、薬剤師など、様々な職種が産科チーム一丸となり、今後も総合周産期センターとして、お母さんと赤ちゃんのために、安全で質の高い医療を提供し、地域からも信頼をいただけるよう、スタッフ一同努めて参ります。

syuusankibotan