治験・臨床研究

治験コーディネーターとは?

治験コーディネーターはCRCの略)とも呼ばれ、治験を安全にそして円滑に行うために、医師を始めとする病院内関係者と製薬会社の連絡・調整や。患者さんとそのご家族をサポートすることにより、治験全体の進行を調整する役割をします。
治験コーディネーター(CRC)の主な仕事は次のとおりです。
・治験参加が適格であるかを医師ともに確認します。
・治験担当医師とともに同意説明を行います。
・併用薬をチェックし、治験薬と一緒に投与してはいけないくすりがないか確認します。
・患者さんが治験薬をきちんと服薬できているかを確認します。
・治験のスケジュールを把握し、患者さんへ適切なアドバイスを行います。
・治験薬の投薬後に患者さんに起こった不具合(有害事象)の確認を行い、必要に応じて担当医師への伝達を行うなどすばやく対応します。
・患者さんの診察や検査に同席し、スムーズに診療が進行するよう努めます。
・患者さんからのご質問・ご相談をお聞きし、問題の解決に努めます。
・製薬会社に提出する症例報告書の記入補助を行います。
・治験がスムーズに進行するよう、担当医師、治験事務局、製薬会社、その他の院内スタッフと連絡・調整を行います。

名古屋第二赤十字病院では、外部の業務委託会社と契約し、必要人数の治験コーディネーターが治験実施のサポートをしています。また一部の治験では院内の薬剤師、看護師が治験コーディネーター業務を行っています。