脳神経外科

脳神経外科のご紹介

救命救急センターへは多くの脳卒中患者が搬送され、併設するSCUにて神経内科と共に24時間対応をしています。脳出血に対する血腫除去術、くも膜下出血に対するクリッピング術・コイル塞栓術、脳梗塞超急性期における血栓溶解療法などの緊急手術のみならず、頭蓋内外血管吻合術、頚動脈血栓内膜剥離術や頚動脈ステント留置術など脳梗塞の予防的治療にも積極的に取り組んでいます。開頭手術、血管内治療を使い分け、良好な治療成績を得ています。脳腫瘍に対してはナビゲーションシステム、術中モニタリングを活用し、安全、確実な手術を目指しています。
2013年4月より神経内視鏡センターを設立し、下垂体及び頭蓋底部の腫瘍に対し鼻腔を経由する経鼻的蝶形骨洞手術、水頭症に対する第三脳室開窓術など内視鏡技術を駆使した低侵襲手術を行っています。
2016年8月よりもやもや病専門外来(火曜日午後)を開設し、中部地方におけるもやもや病患者の診療、手術を中心的に行っています。

医師紹介

顔写真 役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
副院長
第一脳神経外科部長(兼)
医療安全推進室長(兼)

関 行雄
昭和60年 脳血管障害、脳腫瘍 医学博士、日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医
脳内視鏡センター長
第二脳神経外科部長

永谷 哲也
昭和63年 間脳下垂体外科、頭蓋底外科、神経内視鏡手術 医学博士、日本脳神経外科学会専門医、日本神経内視鏡学会技術認定医
役職名
氏 名
資 格
取得年
主な専門領域 資 格
第一脳神経外科副部長
小島 隆生
平成7年 脳血管障害、脳血管内治療 医学博士、日本脳神経外科学会専門医、日本脳神経血管内治療学会指導医・専門医、日本脳卒中学会専門医
第二脳神経外科副部長
渡邉 督
平成8年 間脳下垂体外科、頭蓋底外科、神経内視鏡手術 日本脳神経外科学会専門医、日本神経内視鏡学会技術認定医、医学博士
第三脳神経外科副部長
高須 俊太郎
平成9年 もやもや病、小児脳神経外科、脳血管障害 日本脳神経外科学会専門医、日本神経内視鏡学会技術認定医、医学博士、日本脳卒中学会専門医
医 師
岸田 悠吾
平成14年 神経内視鏡手術、間脳下垂体腫瘍、脳腫瘍 日本脳神経外科学会専門医、日本神経内視鏡学会認定医
常勤嘱託医師
太田 慎次
平成21年 脳神経外科一般 
常勤嘱託医師
秋 禎樹
平成21年 脳神経外科一般 
日本脳神経外科学会専門医
常勤嘱託医師(レジデント)
中島 拓真
平成26年 脳神経外科一般
常勤嘱託医師(レジデント)
松野 宏樹
平成26年 脳神経外科一般

SCU

最近では脳卒中専門医療スタッフによる集学的治療が脳卒中患者さんの生命予後および長期的機能予後に好影響を与えることが認識され、Stroke Care Unit (SCU)(日本語では脳卒中治療室と訳されると思います。)という言葉も医療界ではポピュラーになってきました。名古屋第二赤十字病院では救急医療に携わってきた歴史のなかで早期よりSCUが設置されました。以下にその概略を紹介します。

診療内容

名古屋第二赤十字病院は昭和49年に愛知県救急医療センターに指定されました。同年、常勤の脳神経外科医を迎えて脳神経外科が独立診療科として創設されました。昭和50年には集中治療室(ICU)が開設されましたが、中部地区ではその当時名古屋市立大学付属病院に次ぐ2番目の開設でした。その後間もなく、急性期の脳卒中診療のためにも専用の集中治療室が必要との認識が高まり、昭和52年(1977)に当時の2病棟3階にSCUが(おそらく中部地区で最も早く)開設されました。昭和58年に5病棟5階に脳神経外科専用病棟が開設されると、その中にSCU(4床、専任看護師1名)が移転され、脳神経外科の医局もそれに隣接する形で設けられました。医師も常に重症患者さんの近くにいられる環境が整ったのです。その後SCUは30年近くにわたって、日夜患者さんの安全を見守り回復を促す治療室であると同時に、若手脳神経外科医の研鑽の場ともなっています。平成13年(2001)に救命救急センター棟が完成してからは、SCUはその5階に移転、増床され(8床、専任看護師2名)神経内科との共同運営となっています。SCUではよりよい治療結果を追求してリハビリテーションスタッフが早期より治療に携わっていますが、最近では摂食・嚥下障害認定看護師や脳卒中リハビリテーション認定看護師も活躍しています。