放射線科

高精度放射線治療センター

放射線治療はがん治療の三本柱の一つです。

放射線治療は「手術療法」、「薬物療法(抗がん剤治療)」と並び、がん治療の主力となっています。体の外から病巣に向けて放射線を照射することによりがん細胞を攻撃し治療を行う治療法です。比較的体への負担が少なく、臓器を温存できる利点もあり、根治的な治療から症状緩和の治療まで幅広く行われています。高齢であることや合併症などの問題で、手術が困難な方に対する代替治療としての役割も担っています。
今後さらに放射線治療を受ける人が増えていくことが期待されています。

 

最新型トモセラピーによる強度変調放射線治療を行っています。

当院は2020年に世界でも未だ導入施設のほとんど無い最新の呼吸同期システムを備えたトモセラピーシリーズの最新機Radixact X9を導入しました。このシステムでは、呼吸による腹部や臓器の動きを治療中にモニタリングすることで、呼吸による病変部の動きに合わせて照射を行うことができ、従来のトモセラピーに比べ、より高精度な放射線治療を行うことができます(当院では特定の肺がんの治療にのみ使用しています)。
また、トモセラピーで行う強度変調放射線治療という手法は、病変部へ放射線を集中させると同時に正常組織への影響を抑えることができ、一般的な放射線治療に比べ、より少ない副作用でより効果的な治療を行うことができます。
毎回治療時にはトモセラピーの装置でCT撮影を行い、病変部や臓器の位置を確認し、正確な位置照合をしてから治療を行うため、精度の高い治療を行うことができます。
適応疾患:前立腺癌、肺がん、脳腫瘍、頭頸部腫瘍、膵がん、子宮がんなど。

 

トモセラピーによる定位放射線治療を行っています。

定位放射線治療とは、様々な方向から3次元的に放射線を当てる治療です。
病変部にピンポイント的に高い線量の放射線を当てることが可能で、治療効果が高く、副作用を低減できます。
治療期間が短く、比較的短期間で治療が終了します。
主に早期がんで適応となります。
適応疾患:早期肺がん、肝がん、転移性脳腫瘍など
*実際の適応については放射線治療医が診察して判断します。

 

スタッフ

放射線治療専門医2名(常勤)

医学物理士1名

放射線治療品質管理士・放射線治療専門診療放射線技師1名

診療放射線技師8名

がん放射線療法認定看護師1名

看護師1名

事務2

*医師以外は放射線画像診断部門と兼任あり。

 

治療装置

トモセラピー1台(Accuray社製Radixact X9)

リニアック1台(Varian社製CLINAC 21-EX)

治療計画装置5台(Ray search社製RaySsatation 3台、Accuray社製Precision 2台)

治療RIS(横河医療ソリューションズ社製TheraRIS)

*小線源治療装置は2016年度をもちまして廃棄となりました。小線源治療が必要な方は近隣施設(名古屋市立大学病院等)へご紹介いたします。