教育

当院薬剤部では、新人教育はもとより、様々な勉強会を開催し、薬剤師の継続的な教育を行っています。また、各種専門・認定薬剤師を中心に専門分野のグループ勉強会も運営されており、互いに切磋琢磨して知識を向上しています。

新人教育プログラム

薬剤師法第一条に規定される「薬剤師の任務」は新人薬剤師といっても厳守する義務があります。
少しでも早く環境に順応し、そして「薬剤師の任務」を遂行できる薬剤師に成長するために各課・各薬剤師が協力して研修を行います。
また、プリセプター制度を導入し、業務以外のことでも相談しやすい環境が整っています。

各課研修:4月~9月頃

当直業務開始までに必要な基本的能力を身につけるため、各課が作成したチェックリストや問題集に沿って研修を実施します。また、先輩薬剤師の元で実際に当直業務を研修する期間も設けられています。

患者指導・病棟研修:7月~8月頃

・外来での患者指導(インスリン、吸入薬、オピオイド等)に必要な基礎知識を先輩薬剤師と共にグループで学び、模擬患者を用いて指導の練習を行います。
・病棟業務に必要な知識、行動を身につけるため、上級薬剤師について病棟研修を行います。
ここでは電子カルテ(検査値、経過表、注射指示、処方指示など)の活用法や、薬剤管理指導記事入力、定数配置薬の管理などを学びます。

病棟配属後

病棟業務をチーム制で実施しており、指導内容や個々の症例の疑問についても上級薬剤師に相談しながら業務を行うことができます。

継続的に学べる環境

定期的にプレアボイド報告会やDIカンファレンスを開催し、薬剤師全体の知識と意識の向上を図っています。その他、医薬品に関するセミナーや他職種勉強会なども、病院薬剤師としての知識を広げるためのいい機会となっています。

プレアボイド報告会:週1回

プレアボイドは、日本病院薬剤師会が提唱し収集している薬学的患者ケアの実践であり、実践結果に基づく成果報告の呼称です。薬学的患者ケアを通じて、有効で安全な薬物療法を推進するため、各薬剤師のプレアボイド事例を発表形式で行い、情報を共有すると共に今後の業務に活かしています。

薬剤セミナー:不定期

新規採用薬剤や適応追加薬剤について、製薬会社からの情報提供を受ける機会を設けています。

DIカンファレンス:月2回開催

DI担当者から副作用情報の解説、情報収集方法等のミニレクチャーを開催しています。

専門薬剤師による勉強会

癌、糖尿病、抗菌薬、緩和、NST、妊婦・授乳婦等の専門・認定薬剤師によるレクチャーを行い、専門的な知識を習得するよい機会となっています。

研修会や学会への参加

資格取得に必要な研修や学会発表のサポートを充実させ、やりたいことにチャレンジする環境が整っています。また、当院において全国の赤十字病院の薬剤師が参加する日赤臨床薬学研修会を毎年開催しており、講演や討論会に参加することができます。

先輩情報:小田 幸弘

入社年度 2019年度
卒業大学 徳島大学
入社のきっかけ
私は、他職種が円滑に連携することが、医療を行う上で最も重要だと考えました。当院はセンター制を導入し、各診療科が機能的に連携しております。さらに、腎臓移植や三次救急をはじめとする高度医療の実績や、赤十字という堅い横のつながりがある名古屋第二赤十字病院は、連携力のある薬剤師を目指すにおいて理想の職場環境です。
やりがい
急性期から慢性期まで、幅広く学べており、当院で働く上で魅力の一つです。また、その中で、処方薬や検査値の経過から患者像を理解し、疑義照会につなげたり他職種からの質問に答えられたときは、医療貢献を感じる大きな瞬間です。まもなく病棟研修も始まる予定ですが、より身近に患者や他職種と携われるようになるため、医療従事者として現場的な視点が得られると思うと胸が高鳴ります。
今後は、患者様からはもちろんのこと、他職種にとって頼りになる存在になりたいです。患者やご家族の心情をくみ取り、仕事仲間の役割を理解して行動することが、病院薬剤師としての信頼感に繋がると考えております。私は、専門職としての知識面のみでなく、対人的な面でも周囲をリードできる存在を目指します。

先輩情報:長坂 真衣

入社年度 2019年度
卒業大学 名古屋市立大学
入社のきっかけ
当院の見学に訪れた際、薬剤師が他職種と信頼し合いチーム医療の一員として活躍していることが伺え、私も同じ環境で働きたいと強く思いました。当院は急性期病院であることから、多種多様な薬剤に触れることができます。新人研修のサポートも充実しており、薬剤師として最大限に成長することのできる環境が整っていると感じます。
やりがい
現在は主に調剤業務に関わっています。当院では積極的に疑義照会が行われており、薬剤師ならではの視点から処方に疑問を持ち、その内容が反映された際にはやりがいを感じます。これから病棟研修も始まるので、直接患者さんと関わる機会が増えることになります。多職種と連携して患者さんの健康を支えられるよう、これからも自己研鑽に励んでまいります。

先輩情報:渕上 翔太

入社年度 2019年度
卒業大学 大阪大学
入社のきっかけ
私が名古屋第二赤十字病院を志望した理由は二つあります。
一つ目は、臨床における薬剤師としての学習の場としてこの上ない環境が整っていることです。私は薬剤師として成長するためには、知識と人間力が必要だと考えます。当院は800床を超える総合病院であり、地域における高度医療と救急医療を担っていると考えています。そのため、より様々な疾患や合併症例を経験することができ、薬剤に関することはもちろん、傷病時における生体内メカニズム等についても学び考える機会に数多く出会うことが可能だと思います。加えて、赤十字精神を基本とした当院の理念は私自身を医療に携わるものとして、さらに一人の人間として成長させてくれると考えました。
二つ目は、研究者として専門性を突き詰めることが可能であるからです。当院には様々な分野における専門薬剤師、認定薬剤師が在籍しており、それはより専門的な領域を学ぶ環境がある証拠です。また、学会、研究会等における講演にも力を入れており、自身が望めば研究者としても高みを目指すことが可能です。将来、自身が極めたいと思う領域に向き合ったときに理想的な環境であると思います。
以上の二点から、当院が私が薬剤師としてのキャリアをスタートするにあたって自分自身を最大限に成長させてくれると考えました。
やりがい
私は自身の成長を実感できたときにやりがいを感じます。入社して四ヶ月が経ち、日常の業務にも少しずつ慣れてはきました。しかしながら、求められる知識が圧倒的に不足していることを強く感じます。そんな中で、これまでに学び、身につけたものを業務の中で発揮できるところに自身の成長を感じることができています。そしてさらに深く、あるいはより幅広くというように自身の向上心をかき立て、モチベーションにもつながっています。
これから病棟での研修が始まり、患者さんとの接点が増えます。その業務の中で、自信の成長を患者さんのために発揮できるように、積極的に学ぶ姿勢を大切にしていきたいと思います。

先輩情報:高木 修平

入社年度 2019年度
卒業大学 名城大学
入社のきっかけ
私はもともと救急の分野に興味がありました。救急の分野で力を入れている病院で働きたい!と思ったのがきっかけの一つです。また、薬剤師として診療科にとらわれず様々な疾患に触れることで、知識、技能を深めていきたいと考えました。実際に日々の業務では、様々な年代の方、様々な疾患を目にしています。毎日の業務で少しでも自分の知識を広げられるように、視野を広く持つことを意識しています。
やりがい
疑問に思ったことを自分で解決できた時にやりがいを感じます。「この処方は初めて見るな」「何でこの患者さんにこの薬を使うのだろう」といったことを自分で調べたり、先輩の先生などに教えていただいたりして解決できる場面が日々の業務で多くあります。自分の知識不足や処方が変更になるなど結果は様々ではありますが、学んできた薬学的な視点が業務に活かされていること感じます。「薬剤師として、薬学的に評価し、疑問に思ったら解決をする」このことが患者のより良い医療につながっていくことが薬剤師としてのやりがいだと思っています。自分の疑問はまだまだ初歩的ことではありますが、今後さらに踏み込んだ視点で患者や疾患を見ることができ、治療に関わっていけるようにしたいです。