臨床検査科

臨床検査科

Meet the expert

超音波診断課 超音波診断係長 海老名祐佳

幅広い見識を備えた超音波検査士を目指して

主に超音波検査を担当し、4つの領域の超音波検査士の資格を有しています。私が生理機能検査を行う部署に配属になった当時から、当院検査室では超音波検査を担当している技師は超音波検査士を目指す風土がありました。そんな中、私もまず始めに循環器領域の超音波検査士を取得しました。その数年後、血管領域が新設されたため、血管領域を取得し、続けて消化器領域を取得しました。さらに数年後、乳腺超音波検査に携わるようなり、自分の知識を確認する機会にと体表領域を取得し、現在に至っています。超音波検査士の試験を受けることでそれぞれの領域の疾患の特徴や鑑別など臨床な知識はもちろん、苦手としている超音波の物理的な原理も勉強することになり、結果的に試験を受ける前より精度の高い検査ができていると思います。また、継続的に試験を受けることでモチベーションを高く持ち、日々の検査を行えていますし、さらに向上心が上がったと感じています。超音波検査は担当する技師が判断しながら撮像していく検査です。私が患者さんであったら私の行う超音波検査を受けたいと思えるように今後も研鑽を重ねていきたいと考えています。

微生物遺伝子検査課 微生物検査係長 原祐樹

感染症診療と院内感染対策の番頭

微生物検査に係る資格は、二級臨床検査士(微生物)、認定臨床微生物検査技師(CMTCM)、感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)の3つがあります。私は入職6年目から8年目にかけて先述の3つの資格を取得しました。

微生物検査の仕事は大きく2つに分けることができます。1つは「感染症の原因微生物を特定し、感染症診療・治療を支援すること」、2つ目は「院内感染の兆候をいち早く察知し、院内感染を防ぐこと」です。これら2つの業務に共通することは、「微生物検査が番頭になっていること」です。私たちが原因微生物を特定することで適切な治療に繋がり、院内感染の兆候をいち早く察知することで、院内感染の拡大抑止に繋がります。そして、この番頭としての業務を高いレベルで遂行していくための大番頭が有資格者であると考えています。特に有資格者の実力が最も試される局面が院内感染対策だと感じています。わずかな兆候を捉えて次の一手を練り、拡大阻止のための戦略を感染管理部門と協働で実践していくためには、高い見識と技術が必要になります。院内感染対策は重責でありますが、重責ゆえにやり遂げた際の達成感も大きい仕事でもあります。

最後に、資格の取得は1つの目標であるとともに通過点です。資格取得後も学会発表、論文執筆、勉強会への参加といった自己研鑽は必須です。自己研鑽を怠れば、あっという間に検査技術と菌の進歩に追い抜かれます。微生物検査のExpertとして矜持を持って自己研鑽を積み、日常業務での貢献、後輩への指導はもちろんですが、地域医療圏の微生物検査のレベルアップに少しでも貢献できればと考えています。

超音波診断課 超音波診断係 枝光泰聖

「エキスパート」としての自覚を持つ

私は超音波診断課に所属し、今年で10年目となります。現在は血管診療技師、超音波検査士(血管領域、循環器領域)、心電図検定1級の専門資格を有しています。
私が「エキスパート」として自覚を持って仕事ができるようになったきっかけは専門資格を取得しこれを活かした業務へ従事してからでした。取得する前や取得後しばらくは自分の技術や知識に自信を持てずにいました。

閉塞性動脈硬化症という主に下肢血管内の血流が悪くなる疾患があります。その治療にカテーテルによる血管内治療を行う場合、血管や患者さんの状態によっては被ばくの影響を少なくするため、放射線の代わりに超音波(エコー)を用いることがあり、私は資格取得後まもなくからその治療に参加しています。初めは執刀医の先生が望むような役割を担うことができず苦悩しました。場所は不慣れなカテーテル室、エコーを当てるのは術中の患者さんであり、当時若手であった自分には技術的にも精神的にもハードルが高いものでした。さらに先生から意見を求められても、うまく返答できないことも多々ありました。認定資格試験の前に先輩や上司が「資格の取得はゴールではなくスタートラインである」と教わりましたが、この時は身に染みて感じざるを得ませんでした。その後、懸命に自己研鑽に励みましたが、資格取得時の知識があったため現場で必要な新たな知識もスムーズに理解することができました。今では先生方から意見を求められても、私の見解を「エキスパート」として、自信をもって返答することが出来ています。現在は閉塞性動脈硬化症に加え、バルーン大動脈形成術や経皮的中隔心筋焼灼術という治療にも参加しています。ここでも治療に即した専門知識の習得が不可欠なため、日々技術や知識の習得に励んでいます。

カテーテル治療の現場に関わり、専門資格を有し知識を活かして治療に参加することで、医師のみならず患者さんへの貢献を実感し、治療に関わる度に自信がついていきました。すべては専門資格の取得から始まり、取得することで新たな課題が見つかり、課題を乗り越えることで成長し、エキスパートと自覚できるようになったと現在は感じています。
今後はさらに自分の専門範囲を広げ、心エコー図学会認定専門技師や他の領域の超音波検査士の受験を目指していきたいと思っています。

病理検査課 病理検査第一係 岩田英紘

患者さんが「適切なゲノム治療」を受けられるために検査技師ができること

私は入職直後に病理検査に配属され、今年で12年目を迎えました。二級臨床検査士(病理)、細胞検査士、国際細胞検査士、認定病理検査技師の資格を保有しています。これらの資格を取得する過程で様々な基礎知識を学びましたが、「がんゲノム医療」の目覚ましい発展により、現在も新しい情報収集に努めている毎日です。

病理検査技師の主な役割は、患者さんから採取された組織から、病理医が診断を行うための「良質な標本を作製すること」です。しかし、現在では、組織中の「良質な遺伝子を保持すること」も検査技師の重要な役割となりました。その背景には、患者さん一人一人にあわせた最も効果的な治療の実現を目指す「個別化医療」が急速に進んだことに起因します。特にがんゲノム治療においては、組織中のがん細胞の遺伝子を調べて、治療薬がその患者さんに効果的か否かが決定されます。そのため、万が一、品質の悪い組織を使用した場合、患者さんにとって適切な治療機会の損失に繋がりかねません。例えば、遺伝子の品質を左右する重要な因子の一つに、「ホルマリン固定」が挙げられます。組織がホルマリンに浸漬されている時間だけでなく、体内から組織を採取してからホルマリンに浸漬するまでの時間も重要です。検査技師が遺伝子の最適な取り扱いを十分に理解し、臨床医や他職種にも協力を求めていく姿勢も大切です。

認定資格取得は、検査技師が日常業務を行う上でのスタートラインです。先に述べたように、多くの研究が日々行われており、今後はさらに高度な技術を用いた遺伝子検査が実装され、ますます遺伝子の取り扱いが重要になってきます。一方で、この分野は急速に発展したため、臨床現場では型どおりにいかず、それぞれの施設に合った最善の運用を手探りで進めているのも事実です。そのため、単に基礎知識を身に着けるだけではなく、『自ら現状に対する課題を見つけ、考え、積極的に臨床サイドに情報を発信していく』ことができる、そんな臨床検査技師が求められていくと考えています。