臨床検査科

臨床検査科

Meet the expert

超音波診断課 超音波診断係長 海老名祐佳

幅広い見識を備えた超音波検査士を目指して

主に超音波検査を担当し、4つの領域の超音波検査士の資格を有しています。私が生理機能検査を行う部署に配属になった当時から、当院検査室では超音波検査を担当している技師は超音波検査士を目指す風土がありました。そんな中、私もまず始めに循環器領域の超音波検査士を取得しました。その数年後、血管領域が新設されたため、血管領域を取得し、続けて消化器領域を取得しました。さらに数年後、乳腺超音波検査に携わるようなり、自分の知識を確認する機会にと体表領域を取得し、現在に至っています。超音波検査士の試験を受けることでそれぞれの領域の疾患の特徴や鑑別など臨床な知識はもちろん、苦手としている超音波の物理的な原理も勉強することになり、結果的に試験を受ける前より精度の高い検査ができていると思います。また、継続的に試験を受けることでモチベーションを高く持ち、日々の検査を行えていますし、さらに向上心が上がったと感じています。超音波検査は担当する技師が判断しながら撮像していく検査です。私が患者さんであったら私の行う超音波検査を受けたいと思えるように今後も研鑽を重ねていきたいと考えています。

感染管理課 微生物検査係長 原祐樹

感染症診療と院内感染対策の番頭

微生物検査に係る資格は、二級臨床検査士(微生物)、認定臨床微生物検査技師(CMTCM)、感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)の3つがあります。私は入職6年目から8年目にかけて先述の3つの資格を取得しました。

微生物検査の仕事は大きく2つに分けることができます。1つは「感染症の原因微生物を特定し、感染症診療・治療を支援すること」、2つ目は「院内感染の兆候をいち早く察知し、院内感染を防ぐこと」です。これら2つの業務に共通することは、「微生物検査が番頭になっていること」です。私たちが原因微生物を特定することで適切な治療に繋がり、院内感染の兆候をいち早く察知することで、院内感染の拡大抑止に繋がります。そして、この番頭としての業務を高いレベルで遂行していくための大番頭が有資格者であると考えています。特に有資格者の実力が最も試される局面が院内感染対策だと感じています。わずかな兆候を捉えて次の一手を練り、拡大阻止のための戦略を感染管理部門と協働で実践していくためには、高い見識と技術が必要になります。院内感染対策は重責でありますが、重責ゆえにやり遂げた際の達成感も大きい仕事でもあります。

最後に、資格の取得は1つの目標であるとともに通過点です。資格取得後も学会発表、論文執筆、勉強会への参加といった自己研鑽は必須です。自己研鑽を怠れば、あっという間に検査技術と菌の進歩に追い抜かれます。微生物検査のExpertとして矜持を持って自己研鑽を積み、日常業務での貢献、後輩への指導はもちろんですが、地域医療圏の微生物検査のレベルアップに少しでも貢献できればと考えています。

以上